大人なら一度は経験あるはず。【懊悩】これ読めたらスゴイ!

「懊悩」という漢字を目にしたことはありますか?
日常生活ではあまり使われる機会がないため、さらりと読めたら鼻が高いですよね。

大人なら誰しも経験があることを指す漢字のため、ぜひ把握しておきましょう。

(1)「懊悩」の読み方


「懊悩」は「おうのう」と読みます。
「懊」は見慣れない漢字かもしれませんが、「奥」の音読みと同じですね。

「悩」は「悩殺」「苦悩」といった言葉に使われている漢字のため、読めた方は多いのではないでしょうか?
読み方がわかったところで、「懊悩」の意味についても調べていきましょう。
(『広辞苑』より)

(2)「懊悩」の意味


「懊悩」とは「悩み悶えることやそのさま」を指します。
「悩」は訓読みで「悩む」と読みますので、文字通りの意味を表しているのです。

また、「悩」の字は古くは病気を意味していましたので、病に転じるような強い悩みを連想できるでしょう。
一方、「懊」という漢字にも「心の奥で思い悩む。憂え悶える」という意味があります。

同じ意味を重ねているため、深い悩みを抱えていることを表す熟語となっているのです。
(『広辞苑』より)

(3)「懊悩」の類義語


それでは、「懊悩」と似た意味をもつ言葉を挙げていきましょう。
類義語として「苦悶」「苦悩」「痛苦」などがあります。

一般的に使用されることが多い言葉のため、難なく読める方も多い漢字です。
少し難易度を上げると、「煩悶」「惨痛」「憂悶」といった言葉があります。

いずれも精神的に苦しむほど思い悩むことを意味する言葉です。
使用する際は、自分や相手の心情に合わせた言葉を選んで表現できるでしょう。
(『広辞苑』より)


大人なら誰しも経験したことがある「懊悩」。
仕事やプライベートで懊悩することが多い方もいるでしょう。

日々、懊悩してしまう方は、適度にリラックスタイムを設けてくださいね。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/30 21:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます