大分DF黒﨑隼人、期限付き移籍で栃木に復帰「恩返しできるよう全力で」

拡大画像を見る

 大分トリニータに所属するDF黒﨑隼人は、栃木SCへと期限付き移籍加入することが決定した。30日、両クラブの公式サイトが発表した。

 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。背番号は「33」を着用する。なお、黒﨑は契約により、期限付き移籍期間中は大分と対戦する全ての公式戦に出場できない。

 黒﨑は栃木県宇都宮市出身の現在24歳。栃木の育成組織から法政大学を経て、2019年に栃木のトップチームに加入した。2020シーズンは右サイドバックを主戦場に、明治安田生命J2リーグの26試合に出場した。

 同選手は今季から大分に完全移籍加入。今季は明治安田生命J1リーグの5試合とJリーグYBCルヴァンカップの4試合、天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会の1試合に出場していた。

 黒﨑は栃木のクラブ公式サイトを通じてコメントし、「まず初めに、このようなかたちで迎え入れていただいた栃木SCの皆さんに感謝したいと思います。この想いをピッチで結果として表せるよう、恩返しできるよう全力で栃木の為に戦いたいと思います。栃木SCのサポーターの皆さん、共に戦いましょう!」と意気込みを示した。

 また、大分のクラブ公式サイトを通じてもコメントし、「シーズン途中での移籍ということでととても悩みましたが、自分のレベルアップのためにこの決断をしました。この半年間色々なことを学び、色々な経験ができました。しかし心残りはチームに何も貢献ではなかったことで悔しい気持ちでいっぱいです。この気持ちを糧に移籍先で活躍できるように頑張ってきます。引き続き応援をよろしくお願いします」とつづった。

関連リンク

  • 6/30 22:20
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます