8歳のときのお遊びが原因 45歳女性の鼻の奥からプラスチックを摘出 鼻咽頭ぬぐい検査で発覚(ニュージーランド)

拡大画像を見る

ニュージーランド南東クライストチャーチ郊外アディントンに住むメアリー・マッカーシーさん(Mary McCarthy、45)は昨年10月、新型コロナウイルスの感染を調べるために鼻の奥に細い綿棒を入れて粘膜をこする「鼻咽頭ぬぐい検査」を受けた。しかしそれ以降、今までに経験したことがないような痛みと大量の鼻水に悩まされるようになり、複数の一般開業医を訪ねて診断を仰いだ。

メアリーさんは「どの医師も『慢性副鼻腔炎』というばかりで症状は一向に改善されず、それなら専門家に診てもらおうと耳鼻咽喉科に予約を入れたのですが、8月まで空きがありませんでした。そして今月23日、痛みに耐えられなくなった私は、仕事が終わってからクライストチャーチ病院の救急外来に足を運んだのです」と語ると、このように続けた。

「医師にこれまでの経緯を説明すると、『鼻の奥に何か物を入れたことはありますか?』と聞いてきました。私はありえないことだと笑いながら『そういえば8歳の時に、ティドリーウィンクスの“ウィンク”を突っ込んだことがあるわ』と話をしました。」

ティドリーウィンクス(Tiddlywinks)とは“ウィンク”と呼ばれる小さなプラスチック製の円盤を“スクイジャー”というより大きな円盤で飛ばし、小さな入れ物(ポット)の中に入れるというイギリスの伝統的なゲームである。

メアリーさんは幼い頃、きょうだい7人と一緒にこのティドリーウィンクスでよく遊んでおり、8歳の時にこんな出来事があったという。

「わたしたちきょうだいは、スクイジャーを使う代わりにウィンクをそれぞれの鼻腔に突っ込み、鼻から思い切り息を出すことで飛ばしていました。そして私が8歳の時、鼻の中にウィンクを入れたまま息を吸い込んでしまったのですが、どこかに消えて無くなってしまったのです。そうして怖くなった私は母にその事実を告げず、特に気にすることもなく今に至ったのです。私は鼻呼吸にいつも問題を抱えていましたが、ウィンクとの関連性を考えたことなどありませんでした。」

医師らはその後、CTスキャンでメアリーさんの鼻の奥に異物があるのを確認し、その場で除去しようとしたものの大きすぎて断念した。

そして翌日、鼻の中の異物は手術によって摘出され、それが37年前にメアリーさんが突っ込んだウィンクであることが判明した。ウィンクの周囲は鼻石が形成されていたものの、黄色だったことが認識できるほど状態が良かったという。

手術から目覚めたメアリーさんは「『何が入っていたのですか?』と思わず質問しましたよ」と語っており、まさかの結果にただただ笑うしかなかったようだ。感染症を起こしていたが経過は順調で「これで私の鼻が曲がっていた理由が分かりました。これからは呼吸が楽になり、鼻も真っすぐになってくれるといいですね」と述べている。

ちなみにロシアでは昨年、59歳の男性の鼻の中から53年ぶりに硬貨が摘出された。6歳の時に遊んでいて鼻の中に突っ込み、そのまま忘れてしまっていたという。

画像は『The Sun 2021年6月28日付「NOSE FOR TROUBLE Woman finds TIDDLYWINK up her nose which has been lodged there for 37 years after taking Covid test」(Credit: STACY SQUIRES / STUFF)(Credit: Supplied)』『North American Tiddlywinks Association 2019年7月26日付Facebook』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 6/30 21:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます