ケンカ別れを回避!彼氏とケンカをしてしまったときの「仲直りの秘訣」って?

拡大画像を見る

   彼と喧嘩をしてしまったときなど、どのように仲直りをしていますか? 仲直りがスムーズにできなかったり、ケンカが長引いてしまったら、大好きな彼とケンカ別れをしてしまう可能性も高いです。 ケンカ別れをしてしまうと、頭が冷えてももう一度付き合おうとは思えないので、悲しいですよね。 今回は、彼氏と喧嘩をしてしまったときの仲直り方について、ご紹介していきます。 


深く考えずにすぐ謝る

喧嘩をしたときには、どちらが悪いなど関係なく、すぐに謝るようにしてください。謝ったら負けになるなどという小さなプライドもいりません。 深く考えてしまうと、謝りたくなくなったり、さらに彼にムカついてくるので、深く考えないようにしましょう。  彼氏との喧嘩はくだらないことが多いので、どちらが謝っても後から振り替えると笑い話になります。深く考えるよりも、すぐに謝って早めに喧嘩をおさめたほうが、頭のいい女性の仲直り方です。 


彼の大好きなご飯を作る

彼と喧嘩をしてしまってもお腹はすきますよね。喧嘩をしてしまったときこそ、彼氏の好きなご飯を作ってあげてください。「ごめん」などともう一度言わなくても、自然と仲直りできるはずです。 美味しいごはんを大好きな彼と一緒に食べて、自然に仲直りできるのは、理想的ですよね。彼氏も彼女から「ごめん」と言われるより、嬉しいのかもしれません。 


少しの間距離を置く

 感情的になってしまうふたりが付き合っているのであれば、冷静な話し合いはできないですよね。感情的な方は、喧嘩をしてしまったとき、お互いに距離を置くようにしてみてはいかがでしょうか。  何日間か距離をあけていると、喧嘩の熱も冷めて冷静に話し合いをすることができます。感情的になったまま喧嘩をしても、何も生まれません。 喧嘩をする前に、あらかじめ喧嘩が起きたときの行動を決めておくと、大きな喧嘩にもならないでしょう。 


「仲直りしよう」と直接言う

プライドが少し高い方は、なかなか「ごめん」という言葉が言えないですよね。「ごめん」の代わりの言葉として、「仲直りしよう」と言っている方も、いるようです。 無理矢理ごめんと言われても、納得してない気がして、イライラしてしまいます。自分なりの「ごめん」を決めて仲直りしてもいいかもしれません。 


まとめ

少しの喧嘩であれば、話し合いよりも仲直りを優先させましょう。軽く受け止めるようにしていると、関係も上手くいくはずです。 (ハウコレ編集部)  

関連リンク

  • 6/30 21:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます