ワクチン職域接種中止! 菅首相の悪癖「アクセル踏んで急ブレーキ」に企業の怒り炸裂(1)

東京五輪・パラリンピックの強行に向け、菅義偉政権が新型コロナウイルス対策の決め手として始めたワクチンの職域接種が、わずか1週間で新規受付の中止に追い込まれた。

「あまりに多くの企業から申し込みが殺到して、ワクチン供給が追い付かなくなった」

というのが理由だというが......。

アクセルを踏めるだけ踏んで急ブレーキをかける。菅義偉政権の悪い癖がまたでたようだ。

「尻を叩くだけ叩いてせかされたうえ、ハシゴを外された」

という怒りの声があふれている。

イオン40万、ソフトバンク25万、NTT16万、日本郵政13万人...

菅義偉政権が鳴り物入りで始めた、新型コロナウイルスワクチンの職域接種だが、いかに規模が大きかったか。時事通信(6月21日付)「ワクチン職域接種、本格開始 申請1464万人、企業・大学が一斉に」が、こう語っている。

「ワクチンの普及加速に向けた企業や大学などによる職域接種が6月21日、本格的に始まった。政府によると、同日午後5時時点で累計3795会場、1464万人分の申請があった。コロナ禍克服へ、全国の大企業や大学のほか、中央官庁などでも一斉にスタートした」

大企業による職域接種では、イオンが年内に約40万人、ソフトバンクグループが近隣住民10万人も含めて約25万人、NTTグループが約16万人、日本郵政グループは約13万人、森ビル、セブン&アイ・ホールディングスが各約10万人、トヨタ自動車が約8万人、楽天グループが約6万人、サントリーホールディングスが約5万2000人、JR東日本が約2万2000人、全日空が約1万人、伊藤忠商事が約7500人...... といった状況。企業の多くは今秋から年内をめどに終える予定だ。

「イオンはこれまで、全国の自治体に接種会場を提供してきたが、自社でも大規模な職域接種に踏み切る。イオンモール幕張新都心(千葉市)では、従業員ら500人が次々に接種を受けた。トヨタ自動車は自社の産業医や看護師を活用し、1日最大1万人の接種を目指す。JR東日本では、運転士らを対象に接種がスタート。京浜東北線に乗務員として勤務する男性社員(41)は『安心してお客さまに接することができる』と胸をなで下ろした」

大学でも全国174校が申請し、6月21日から東北大や徳島大、慶応義塾大、関西大など17大学で、キャンパス内の会場で学生や教職員向けに開始。大半は学生が夏休みに入る7月中旬から本格化する、という順風満帆の様子だった。

それが一転、1週間も経たない6月25日に「ワクチンが足りない」と新規受付を一時休止。6月30日には正式に再開を中止する羽目に追い込まれた。いったい何があったのか――。

読売新聞(6月30日付)「職域接種、首相『予想はるかに超える申し込み』...申請再開しない方針」が、こう伝える。

「政府は6月29日、ワクチンの職域接種の申請受け付けを再開しない方針を固めた。これまでの受け付け分だけで、確保済みのワクチン量の上限を超えたためだ。新たな職域接種は事実上できなくなる。菅首相は29日、『予想をはるかに超える申し込みがあり、一度内容を精査している』と語った。政府は米モデルナ製ワクチンを9月末までに5000万回分確保している。これまでの申請分だけで、うち3300万回分を企業と大学などの職域接種に割り当てる。河野太郎・行政改革相は29日の記者会見で『モデルナは配送の限界に来ている』と述べた」

つまり、予想をはるかに上回る申し込みが殺到したため、ワクチンが足りなくなったというわけだ。

厄介なのは、市区町村による接種で使う米ファイザー製ワクチンも足りなくなりそうなことだ。ファイザー製は6月までに1億回分を確保しているのに対し、7~9月は7000万回分にとどまる。3割減ることになる。河野氏は「接種ペースを供給(配送)に合わせてもらう必要がある。ブレーキを踏むこともある」と語ったのだった。

ワクチンが3分の1しかない「不都合な真実」

朝日新聞(6月29日付)「ワクチン接種ほころび 職域一時休止、配送目詰まり 自治体『せかせて今度は不足』」によると、政府は「不都合な真実」を隠しているという。

「『予想をはるかに超える申し込みがあった』。菅義偉首相は28日、全日空の職域接種会場などを視察後、職域接種の申請申し込みが一時休止した理由をそう語った。この日は、(ワクチン担当の)河野太郎行政改革相も、吉本興業やKADOKAWAグループの職域接種会場を相次いで訪問。接種率が低くなる若い世代を念頭に、政権を挙げて加速化に取り組んでいる姿勢をアピールした」

菅首相も河野大臣も、職域接種を中止することを決めているのに、ポーズだけはワクチン接種に全力を挙げていることを示すために、人気企業の職域接種会場を訪れたのだった。そして、朝日新聞は職域接種をやめる真の理由をこう書いている。

「政権が一気に『アクセル』を踏み込んだ矢先、職域接種に使う米モデルナ製ワクチンの供給上限を超えて申し込みが相次ぎ、政府は受け付けの休止に追い込まれた。モデルナ製は9月末までに5000万回分(2500万人分)が供給されることになっているが、いつどれだけのワクチンが届くのか、政府は詳細を明かしていない。昨年、厚生労働省が発表した契約では『6月末までに4000万回分』の供給を受けることになっていた。ところが、複数の政府関係者によると、現時点では『1300万回分ほど』にとどまっているという。今後の見通しについて河野氏は6月28日、『一日の配送可能量や総量をいま精査している。今週中に申し上げられるようにした』と述べるにとどめた」

モデルナ社から本来届くべき量の3分の1以下しかワクチンが入っていなかったというのだ。それなのに、イケイケドンドンで企業にハッパをかけて職域接種を迫ったら、予想以上の申し込みが殺到して慌ててストップをかけたというわけだ。

朝日新聞はこう続ける

「自治体の集団接種などで使われる米ファイザー製のワクチンについても、7月5日の週から今より4割減になる見込みだ。6月19日の全国知事会でも、懸念の声があがった。秋田県の佐竹敬久知事は『国ができるだけ早くということで、急かせてやっているが、スピードアップしたら今度はファイザーがない』と苦言を呈した。ファイザー製も、多くの自治体で一般向けの接種が始まるなか、『必要な時』に『必要な量』が届くか不安が残る。配送過程でワクチンの『目詰まり』が起きている。官邸関係者は『急いで五月雨式にやったから仕方がない』と打ち明ける」

(福田和郎)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/30 20:15
  • J-CAST

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

12
  • イワ

    7/2 14:01

    朝鮮日報に踊らされるアホ^ ^ どんな物にも限りがある無限の物などないのだからブレーキをかけて調整する必要がある‼︎そんな事も理解出来ないとはマジでバカですな。

  • レイ

    7/2 12:54

    職域と行政区での接種の重複のカウントが把握出来てないので実際はどうなのか、、

  • 職場の若い人ほど2回目の時に高熱、ダルさなどが出て仕事にならなかったようですな。(20代) 医療、コロナ関連の仕事なので先に打ったようですが大変みたいですね

記事の無断転載を禁じます