世帯年収1200万円の40代女性の悲鳴「子どもの学費だけで年間360万円。貯金も使い切ってしまった」

拡大画像を見る

世帯年収1000万円と聞くと、一般的な家庭よりは少し裕福そうなイメージを持つかもしれない。しかし、その現実は甘くない。

大阪府に住む世帯年収1200万円の40代後半女性(不動産・建設系/正社員)は「すでに破産状態」と悲鳴を上げる。

「子どもの大学の学費が半端ではありません。長男は私立理系学部、長女は私立医療系学部に進学しており、学費だけで年間360万円かかります」

実に世帯年収の3分の1ほどを学費に費やしている計算だ。これでは生活が苦しくなるのも仕方がない。引き続き、この女性の声を紹介していく。(文:大渕ともみ)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「塾や受験などで、貯金は使い切ってしまいました」

女性は子どもの大学進学に備え、コツコツ貯金に励んできたが、私立大学の理系・医療系への進学は「想定外だった」という。

「文系の大学進学を想定し、学費は年間100万円を見込んでいました。それが、倍以上の学費がかかることになって困っています。塾や受験などで、貯金は使い切ってしまいました」

女性は「奨学金申請を娘にお願いしています」と語るが、それでも将来への不安は尽きない。貯金を使い果たす前に、奨学金を申し込むべきだったと悔やまれる。

京都府の40代前半女性(その他/個人事業主/子ども2人/世帯年収1200万円)は今まさに、教育費の貯金に精を出している最中だ。女性は「子どもの留学や大学進学のために貯金してあげたい」といいつつ、

「高校無償化は対象外だし、来年から児童手当ももらえなくなる。衣服や旅行は普通かやや安めのラインを選び、無駄遣いをしないように心がけている。質素な生活を強いられ、本当に世帯年収1200万円か?と疑いたくなる」

と不満を吐露した。

「もともと贅沢嗜好ではないので普通に暮らせてはいるが、それだけ」

福島県に住む60代前半女性は専業主婦。女性の夫は定年退職後も子会社社長に就任し、年収1300万円を稼いでいる。しかし女性は「年齢的にも枯れ始めているし、もともと贅沢嗜好ではないので普通に暮らせてはいるが、それだけ」と悲観的だ。

「隣県に娘夫婦と孫が住んでいるが、生活が安定しないのでときどき援助をしており、自分たちの貯蓄まで手が回らない。また、新幹線で3時間のところに実母が一人暮らしをしており、月1回介護のために会いに行くが、この交通費が馬鹿にならない」

女性は「年金も年々減らされている。老後資金を得るために『選挙に出るか』と本気で思う」と胸中を明かす。年収1300万円を手にしても、心安らかな生活が手に入るとは限らないとは、人生の何に重きを置くべきか考えさせられてしまう。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円の40代男性「普段はユニクロで十分だが、お出かけ時は割引品のノースフェイス」
「妻が働かない。離婚したい」世帯年収800~1000万円、家族関係に不満がある人の声

関連リンク

  • 5/17 19:21
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます