レスター、争奪戦制して逸材FWダカ獲得! ザルツブルクで今季34得点

拡大画像を見る

 レスターが、ザルツブルクからザンビア代表FWパトソン・ダカを完全移籍で獲得した。30日にクラブ公式サイトで発表した。

 ダカは2021年7月1日から、2026年6月30日までの5年契約でレスターに加入する。イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、移籍金は2300万ポンド(約35億円)の模様だ。



 現在22歳のダカは2017年に母国クラブからザルツブルクへと完全移籍し、公式戦通算125試合の出場で68得点を記録。2020-21シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで27得点を挙げて得点王に輝き、カップ戦やチャンピオンズリーグも含めると公式戦34得点を記録した。

 センターFWを本職とし、スピード、テクニック、決定力を兼ね備えているダカ。同選手の獲得には、レスターのほかにも、ウェストハムやリヴァプール、ライプツィヒなども関心を示していたことが伝えられていた。

 元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの“後継者”としての活躍が期待されるダカは、レスターのクラブ公式メディアを通じて次のようにコメントしている。

「この偉大で歴史あるクラブに加入できることを、とてもとても嬉しく思っている。僕の夢だったから、これからの展開が楽しみだよ。レスターのことは、(2015-16シーズンに)プレミアリーグを制覇したときから追いかけてきた。タイトルを目指して戦うチームだから、僕にとっては最適な場所だと感じているんだ。簡単なことではないと思うけど、この新しい挑戦に立ち向かう準備はできているよ」

関連リンク

  • 6/30 19:21
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます