「もうやだ!」ちょっと嫌気がさした彼との距離の置き方

拡大画像を見る

どんなに大好きな彼でも、ふとした瞬間に嫌気を感じてしまうこともありますよね。別れるほどではないけど「少し距離を置きたいな」と思ったときは、どうするのがいいのでしょうか。今回は、ちょっと嫌気がさした彼との距離の置き方をご紹介します!


距離を置く理由を話す

彼に嫌気がさすと、何も言わずに距離を置いてしまう人もいるようですが、距離を置く理由をしっかり話さないと、その後の修復が難しくなってしまいます。なぜ距離を置きたいのか、理由をしっかり話し合うことで、今後のビジョンが明確になってくるはず。言い出しにくいとは思いますが、勇気を出して彼に話してみましょう。


距離を置く期間を決める

距離を置く理由を彼に理解してもらえたら、次にどのくらいの期間距離を置くかを決めましょう。最初からあまり長くすると「もしかして自然消滅を狙っているのでは?」と思われてしまうことも。今後のことを冷静に考えるためにも、二週間くらいは必要だと思います。


戻る合図を決めておく

距離を置いている期間内に彼女の方から連絡が来たら「戻りたいサイン」など。距離を置く期間を決めていても、万が一その前に戻りたくなった場合も合図も一緒に決めておくと便利です。こちらから距離を置きたいと言っているのであれば、できるだけこちらから距離を縮めた方が、今後の関係もよくなるはずです。


離れている間のルールを決める

離れている間のルールを決めることも、距離を置く上で大事なポイント。「困ったときは連絡する」「LINEは毎日送る」「遅くても〇時には帰宅する」など、二人にとってプラスになるルールを作りましょう。


彼に嫌気がさしてしまったら、理由をしっかり話て一定期間距離を置くことも大事。ただし、決して嫌いになったわけではないこと、戻る意思があることを彼にしっかり伝えることを忘れないようにしましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/30 19:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます