神田うの、ブランドバッグを見せびらかしても叩かれないのは“あの事件”が関係している?

拡大画像を見る

 タレントの神田うのが3月18日、自身のインスタグラムを更新。「寒がりの私はまだまだ春素材のものは着れないので、今年の春のトレンドカラーでもあるイエローを差し色にしたりして春気分を楽しんでいます」と、キレイなイエローのストールとともに、神田の愛用ブランドであるエルメスのバーキンの画像を投稿した。

 これに対しファンからは、「うのさんにとっても似合いそうなお色」「イエローのバーキン素敵です!」「私も黄色、取り入れてみます」と、大好評。昨今、芸能人がそのセレブぶりをひけらかすと、ネット上で批判されることが多いが、彼女に至ってはそのような声は聞こえてこない。その理由を芸能記者が語る。

「確かに、得体の知れない自称インフルエンサーが同じようなことをしたら批判を浴びることもあるでしょう。ですが、神田の夫はパチンコ店経営者であり、自身もアパレル事業で成功した本物のセレブ。そんな彼女が数百万のバッグを公開したところで、妬む気持ちも起こらないのかも。神田は以前、信頼していたベビーシッターに大量のバーキンを盗まれてしまった経験があり、普通ならば高級なブランド品の投稿は控えてしまうはず。それでもファンに向け、購入品を発信し続ける彼女に、『あんな事件があったのにバーキンを見せてくれてありがとう』と、感謝するファンの方が多いようですね」

 以前は、子供のお弁当が豪華すぎるなどとして大いに話題になった事もあっtが、ここのところは徐々にそうした声も減ってきている様子。自身の公式YouTubeチャンネルの中でも、あのバーキン盗難事件について赤裸々に語った神田。もはや数少ない日本のセレブリティと化している。

 そんなところが、彼女の人気が長続きする秘訣なのかもしれない。

  • 3/22 20:30
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます