舛添要一元都知事 東京五輪に悲観「安全・安心にはほど遠い大会となるのでは」

拡大画像を見る

 元東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏が30日、ツイッターを複数回更新。開幕まで23日に迫る東京五輪について、「安全・安心にはほど遠い大会となるのではないか」とつぶやいた。

 この日の東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数が714人で前週水曜から95人増えたことを指摘。「感染が拡大する中で、3週間後には東京五輪である。東京都のコロナ感染は拡大の一途。安全・安心にはほど遠い大会となるのではないか」と悲観的な予想を立てた。

 一方、この日、退院したことが明らかになった小池百合子東京都知事に対しては、「コロナ感染の現状、そして経済苦境は小池都政の失敗であり、それはきちんと検証する必要がある。小池与党の責任もまた大きい」と手厳しく批判した。

 東京都議選についても「都民ファーストの会は大幅に議席減。自民は大幅増」と予想。小池氏が退院したあとのつぶやきでも「当面はテレワークということは、街頭に出ての選挙応援は無理ということだ。あと4日くらいは自宅で静養という理解でよいのではないか。大将がいなくても、兵隊さんは自力で戦うしかない」と記した。

関連リンク

  • 6/30 18:11
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • トリトン

    7/1 8:03

    こいつ市長の時に朝鮮学校作ろうとしたり韓国の為の市長だったな。金の無駄使いはもう当たり前やったけど。今さら偉そうに言うな良くも恥ずかしくもなく言えるなやはり朝鮮の血でも入ってるのかな?

  • あきひろ

    7/1 6:53

    「安心」とか言い出したら結局どこまでやってもゴールがないからなそんな難癖いちいち相手してたらなにも出来ないわ。

  • ヤン中佐

    7/1 5:38

    政治学者とやらに戻って無責任に言いたい放題で何より( *´艸`)

記事の無断転載を禁じます