オカリナとまひるがガチなつかみ合い&怒号で、イッテQ女子メンバーも震えた!?

 バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)の出演者同士がガチな殴り合い? おかずクラブ・オカリナとガンバレルーヤ・まひるが繰り広げた闘いに、他の出演者が震えんばかりにビビっていたという。

 6月27日の放送では、広島県での運動不足解消ツアーに出かけた“温泉同好会”の5人が、「サッセン」という次世代スポーツに挑戦。IT技術を利用して侍の真剣勝負を現代に再現したもので、勝敗はセンサーのついた刀で相手を叩いた回数で決するというルールだ。

 負けたらバンジージャンプという罰ゲームが宣告されると、椿鬼奴と森三中・村上の二人は先輩特権を活用して罰ゲーム免除をゲット。これに怒ったまひるはすっかり戦闘モードに入り、トップバッターとして「ぶん殴ってやるよ」と他の4人を威嚇していた。

 制限時間15秒の試合が始まると、まひるは近くにいたオカリナをターゲットに。ここでオカリナは意外に素早い身動きを見せ、まひるの持つ刀をつかんで妨害。これに「つかむのダメだよ!」と激昂したまひるは、試合終了後も「つかんだよ、オカリナが!」と文句たらたら。一方のオカリナも「だってメチャクチャ叩くから。つかんじゃダメだって決まりないですもんね?」とトボけてみせたのである。

「そんなオカリナにまひるは『真っ向勝負だろ!』『ダメだよつかんだら』と興奮が収まらない様子。ついには『お前の時、ずっとつかんでやるよ!』と言い放つも、オカリナのほうも負けじと『つかんでみろよ、それでも叩いてやるからな!』と逆に挑発。まひるはハアハアと息を荒げながら、高まる闘争心を隠せない様子でした」(テレビ誌ライター)


 そのまひるは中学時代、男子に交じって野球部で活動。高校ではソフトボール部で全国ベスト16という実績を持つガチな体育会系ゆえに、ルール違反を犯したオカリナの振る舞いが許せなかったに違いない。

「オカリナが叩く番になると、まひるは逃げるどころからむしろ自分から向かっていく姿勢。しかも刀ではなく相手の襟足をつかみ、もはや柔道の組手さながらです。その様子にスタジオの内村光良も『ケンカだよ、ケンカ』と呆れ声。他の温泉同好会メンバーもすっかりビビりモードで、まひるの相方であるよしこもまったく口がはさめない様子でした。試合後にはまひるが『お前がつかんだからやり返したんだよ』と挑発すれば、オカリナも『でも18(点)とってやったわ』と吐き捨てていたのです」(前出・テレビ誌ライター)

 かなり険悪な雰囲気だった二人だが、続く登山ではオカリナがまひるに手を貸す場面も。どうやら試合での遺恨は水に流すことができていたようだ。

※トップ画像は「世界の果てまでイッテQ!」公式インスタグラム(@itteq_ntv)より。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/29 18:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます