東京五輪・パラ応援プロジェクト「TEAM FOOTBALL JAPAN 2020」がスタート

拡大画像を見る

 日本サッカー協会(JFA)は30日、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)、一般社団法人日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)、一般社団法人日本障がい者サッカー連盟(JIFF)、特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)とともに、東京オリンピック・東京パラリンピック応援プロジェクト「TEAM FOOTBALL JAPAN 2020」を結成した。

「TEAM FOOTBALL JAPAN 2020」は、東京オリンピックに出場するサッカー男子(U-24日本代表) 、サッカー女子(なでしこジャパン)、東京パラリンピックに出場する5人制サッカー(ブラインドサッカー男子日本代表)をサッカーファミリーが一体となって応援し、性別や年齢、障がいの有無などの違いを超えて人々が絆を深め合うスポーツの価値を伝えることを目指していく。JFAはリリースを通じて、「多くの皆さまにTEAM FOOTBALL JAPAN 2020の趣旨に賛同していただきながら、自国開催のオリンピック・パラリンピックの機運を高め、コロナ禍における同大会の成功に寄与したいと考えています」と説明している。

 なお、サッカー男子(U-24日本代表)、サッカー女子(なでしこジャパン)、5人制サッカー(ブラインドサッカー男子日本代表)の3チームは、初めて同一のユニフォームを着用して試合に臨むことになる。JFAの田嶋幸三会長はユニフォームについて、会見で次のようにコメントした。

「東京2020ではU-24日本代表、なでしこジャパン、5人制サッカーパラリンピック代表が共通のユニフォームを着ます。共通のユニフォームを着たいということは様々なところから要望がありました。多くのスポーツメーカー様のおかげで、同じユニフォームを着られるようになりました。感謝いたします。3チームが同じユニフォームを着ることは歴史的なことだと思います。選手たちは応援を背に、活躍してもらえればと思っています」

■TEAM FOOTBALL JAPAN」特設ホームページURL
https://www.jfa.jp/teamfootballjapan/

関連リンク

  • 6/30 17:15
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます