日向坂46加藤史帆「バラエティ・モデル・女優」と多方面で活躍する新センターの魅力

拡大画像を見る

なぜ彼女たちは「センター」に立ったのか⁉
アイドルセンター論
日向坂46 加藤史帆 前編

 日向坂46が5月26日にリリースした5thシングル『君しか勝たん』で初のセンターに抜擢された加藤史帆。表題曲のセンターはこれまで2期生の小坂菜緒に委ねられており、今回のシングルで初めてセンターが入れ替わったことになる。

 2016年5月にけやき坂46に加入した加藤。クールビューティーなビジュアルとは裏腹に「へにょへにょ」とした話し方や振る舞いで話題を集め、2018年には『ハッピーオーラ』で初のセンターに抜擢される。グループの代名詞でもある同曲はメンバーにとっても、おひさま(ファンの総称)にとっても大切な曲だ。その後はけやき坂46〜日向坂46とフロントメンバーという重要なポジションで活躍し、センターの小坂を支えるようにパフォーマンス面でもグループの底上げに貢献してきた。

 日向坂46はコメディエンヌの多さがひとつの特徴だが、加藤は初期からバラエティで爪痕を残してきたメンバー。例えば、日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)において、普通であれば躊躇するであろう思い切った変顔を惜しげもなく披露したり、『KEYABINGO!』(日本テレビ系)では罰ゲームとして食べた激すっぱ麺をさらりと吐き出したりと、アイドルらしからぬコメディエンヌぶりを発揮し、バラエティに欠かせない存在へと成長を遂げた。バラエティへの対応力に加え、どこまでも貪欲に笑いを取りに行く姿勢がバラエティで重宝される理由なのだろう。

 2019年4月からパーソナリティを務めているラジオ番組『レコメン!』(文化放送)で培われたトーク力にも磨きがかかっている印象があり、パンチラインが飛び出すことも少なくない。ビジュアルイメージ的には白石麻衣の系譜に連なるが、クールなのにバラエティでの思い切りの良さというギャップは加藤のタレント性を感じさせているところだろう。

 2017年にはけやき坂46として唯一『GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER』のランウェイの場に立つ活躍を見せ、2019年4月号からは女性ファッション誌『CanCam』(小学館)の専属モデルとしても活躍。2021年には『CanCam』7月号で初の単独表紙を飾って話題となった。また『東京ガールズコレクション』などのファションイベントに定期的に出場するなどティーンからの人気も高まっている印象があり、日向坂46のファッションリーダーとしての活躍も期待されている。

 2021年に入ってからも『芸能人格付けチェック! 2021お正月スペシャル』(テレビ朝日系)や『逃走中〜ハンター迎撃作戦』(フジテレビ系)と数々の人気番組に出演し、世間からも注目された。4月からは『ラヴィット!』(TBS系)やホラードラマ『死幽学旅行』への出演など、個人活動も充実しているところだ。

 日向坂46結成1年目に『日経エンタテインメント! 日向坂46 Special』(日経エンタテインメント)のインタビューでは「もっと幅広い世代の方に、日向坂46を知ってもらいたいですね」と意気込みを語っていたが、モデル、バラエティ、ラジオ、女優と多方面で活躍を見せる加藤はまさにその言葉通りの活躍を見せている。近年に目覚ましい活躍を見れば、加藤がセンターに抜擢されるのも当然だろう。

関連リンク

  • 6/30 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます