英ジョージ王子、スーツ姿で両親ウィリアム王子&キャサリン妃とEURO 2020観戦

 この7月に8歳の誕生日を迎える英王室のジョージ王子。UEFA EURO 2020サッカー欧州選手権のイングランド対ドイツ戦を観戦するため、スーツにネクタイ姿で両親とともにロンドンのスタジアムを訪れた。

 現地時間の6月29日、イングランドサッカー協会の総裁を務める父ウィリアム王子と、母キャサリン妃とともに、ウェンブリー・スタジアムを訪れた。JustJaredによると、ジョージ王子にとってこれが初めてのウェンブリー・スタジアムだそう。

 これまでは、ポロシャツやシャツとニットなど、子どもらしい装いが多かったジョージ王子だが、今回はウィリアム王子とお揃いでネイビーのスーツにストライプのネクタイ、髪の毛もきっちり整えて、大人びたルックで登場。BBCでは、両親とともに国歌斉唱する姿も紹介された。

 またキャサリン妃は、イングランド代表のチームカラーでもある赤いZaraのブレザーで、母国チームをサポート。ブレザーの他は白のインナーと黒のパンツでシンプルにまとめ、メイクやヘアもナチュラルに仕上げている。キャサリン妃のファッションには常に注目が集まるが、Hello!によると、このブレザーはすでに売り切れだそう。夕方5時からの試合とあって、シャーロット王女とルイ王子はお留守番だった様子。

 会場には、元イングランド代表のデヴィッド・ベッカムの姿もあり、試合前にはあいさつを交わす様子もキャッチされた。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/30 14:30
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます