「ボーナス商戦の家電量販店」避けるべき商品と注意点を販売員が解説

拡大画像を見る

―[家電屋さんのトリセツ]―

 皆さん、こんにちは。関東の某家電量販店に、十数年間務めている店員のスズキです。黒物から白物まで、ジャンルを問わずさまざまな商品の販売に携わり、店長も務めたことがある私が、日々の生活に役立つ家電の情報をお届けしていきます。

◆ボーナス商戦で手を出してはいけない家電とは?

 前回は『「販売員が本当に買っている家電」ボーナス商戦で注目の高コスパ商品6選』を紹介しました。

 購入意欲が高まるこの時期は、家電量販店にとっても大事な書き入れ時です。競合他社との価格競争が激しくなり、価格が崩れやすくなっているので、ショッピングをするには狙い目といえるでしょう。

 しかし、今の時期に購入を避けたほうがいい家電もあります。そこで、今回は「夏のボーナスで家電を買う際の注意点」を紹介したいと思います。

◆じっくりと販売員と相談したい人は避けるべき

 今の時期のようにお客さまが多くなると、販売員の手が回らず、ヒアリングの質が悪くなってしまう危険性があります。

 ですので、じっくりと販売員と相談したうえで何を買うかを決めたいというのはこの時期は避けたほうがまず無難です。

 具体的な例を挙げると、設置や搬入のトラブルが起きやすいエアコンやテレビ、冷蔵庫、洗濯機などは購入前のヒアリングに時間をかけたいアイテムになります。

 もっとも、これらの商品を夏のボーナス時期に絶対に買ってはいけないというわけではりません。

◆「予習」をしてから買い物すると安心

 先述のとおり、価格競争が激しくなるため、平時よりも安く買えることはもちろん最大のメリットでしょう。

 エアコンやテレビ、冷蔵庫、洗濯機は家電量販店の商品のなかでも高額な部類に入るため、販売員も確実に売りたいという気持ちが強いです。特にエアコンは時期もので販売に力を入れていることもあり、接客に手間がかかるとはいえ、ヒアリングの質が落ちる心配は低いと思います。

 ただし、こうした高額家電を買う際にはいくつかの注意点がありますので、あらかじめ頭に入れたうえで販売店に行くことがオススメです。

◆商品別の注意点とは?

 商品別の注意点は下記の通りになります。

●冷蔵庫を購入する際の注意点
・設置スペース(ギリギリではダメ。周囲に10cmほどの余裕が必要)を確認
・搬入経路(こちらも外寸プラス10cmほど必要)も問題がないかチェック
・設置スペースに適したドアの冷蔵庫を選ぶ
 
●洗濯機を購入する際の注意点
・防水パン(内寸)など、設置箇所の寸法を確認
・床から蛇口までの高さや形状(画像があるといい)を把握しておく
・排水口がどこにあるのかチェック
・ドラム式洗濯機はサイズと扉の開く方向も確認

●エアコンを購入する際の注意点
・設置箇所のコンセントと穴(画像があるといい)を確認
・設置スペース(特に天井までの高さ。5cmの余裕が必要)もチェック
・大型のエアコンを購入するなら室外機の設置スペースも確認

●テレビを購入すると際の注意点
・4Kテレビに買い換えるなら今よりも大型のサイズを選ぶ
・アンテナ線の差し込み箇所の位置をチェック
・テレビや住居が観たい番組に対応しているかも確認

 こうしたチェックポイントを事前に確認しておくと、ヒアリングがスムーズになり、失敗を防ぎやすいです。

『「大型家電のトラブル」冷蔵庫、洗濯機、エアコンの絶対に失敗しない購入法』ではより詳しく解説していますので、具体的に購入を検討されている方はぜひご覧いただければと思います。

◆ボーナス商戦は避けるべき家電

 残念ながら安い物に関してはメーカーや製品ごとに性能差がないこともあって、接客に時間をかけたくないというのが、多くの販売員の本音なのではないでしょうか。

 あとは接客に時間がかかるうえ、価格が安い製品もヒアリングの質が落ちやすいと考えられます。

 特にプリンターの購入はオススメできません。パソコンのOSや印刷する写真の内容など、確認することが多いので、どうしてもヒアリングに時間が取られがちです。

◆プリンターは秋以降まで待つのが賢明

 プリンターに関しては、お客様にとっても夏のボーナスで購入する利点は少ないと思います。

 プリンターは年賀はがきの印刷などの需要を見越して年末に新商品が発売されることが多く、その時期に旧製品が値下がりしやすくなっているからです。

 夏の時期は価格的にもおいしくないので、プリンターを新調するのは、冬のボーナスまで待ったほうがいいでしょう。

―[家電屋さんのトリセツ]―

【家電量販店のスズキ】
関東近郊の家電量販店で10年以上働く現役販売員。黒物から白物までジャンルを問わずさまざまな売り場を担当。実績が認められて大型店の店長を務めた経験もあるが、接客のほうが性に合うため、本部に直訴し現場復帰を果たす

関連リンク

  • 6/30 15:53
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます