【帝王賞】参戦競馬場は10場に!クリンチャー陣営「右回りは合っている」/ねぇさんのトレセン密着

拡大画像を見る

 クラシック三冠は皆勤賞、凱旋門賞にも挑んだキャリアを持つクリンチャーは、今度は大井の帝王賞に参戦します。

 5月27日に大山ヒルズから栗東トレセンに帰厩。予定レースの1か月前に帰厩するのはクリンチャーのいつもどおりのパターンですね。今回のパートナーはクリストフ・ルメール騎手ですが、16日の調教に騎乗で初コンタクトをとっています。

「ジョッキーには『いい馬。乗りやすい』と言って頂きました。追い切るごとにスイッチも入ってきており、いいかんじです」と担当の長谷川助手。

 管理する宮本師も「ここまでの調整はすこぶる順調ですね」と目を細めます。

「ナイター競馬が初めてなので、それが気になるくらいです。相手は強くなりますが、楽しみですね」(宮本師)

 ナイター競馬だけでなく、大井競馬場も初めてとなりますが「右回りは合っている」(長谷川助手)ので心配はいらないと思います。

 ちなみに、ここまでいろんな経験をしてきたクリンチャーですが、7歳で28戦、参戦した競馬場は中京、京都、阪神、中山、東京、ロンシャン、新潟、佐賀、名古屋に続いて10場目となります。かなり多くの競馬場を走ってきたほうに入ると思いますが、その中にロンシャンを含むキャリアを持つ馬は希少でしょう。実にタフにいろんなことをこなしてきたのだと思います。クリンチャーに歴史あり、ですね。そう思うと、初・大井、初・ナイターも克服できる気がします。頑張ってきてくださいね!

(取材・文:花岡貴子)

関連リンク

  • 6/30 15:51
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます