“コロナワクチンで不妊・流産”はデマ。嘘の見分け方を医師が解説

拡大画像を見る

 新型コロナウイルスのワクチン(以下、コロナワクチン)の接種が進む一方で、ワクチンに関して、様々な謎情報が拡散され、不安に感じる人も多いでしょう。

 最近では「コロナワクチンを打つと不妊になる」という噂が流れ、6月20日に河野太郎規制改革担当相が「これはデマである」と明言したことが話題になりました。

 さらに、「妊婦がコロナワクチンを打つと流産する、子どもが自閉症になる」という噂まで流れています。これらの情報の真偽を、医師たちによるプロジェクト「こびナビ」に解説してもらいましょう。「こびナビ」は、新型コロナウイルスやワクチンの正確な情報を、文章や動画で発信しています。ちなみに、6月24日に掲載された河野太郎公式サイトのブログ「ワクチンデマについて」も「こびナビ」が監修しています。

 この記事は、2021年5月10日に行われた「こびナビ(@covnavi)」インスタグラムライブの内容に最新の情報を加えています。

聞き手:池田早希先生(こびナビ副代表)
    日米小児科専門医、感染症専門、アメリカ熱医学学会認定医

解説:峰宗太郎先生(こびナビ副代表)
   病理専門医、薬剤師、博士(医学)

◆不安を煽るデマに騙されないで

池田「コロナワクチンに関して、いろんな情報が拡散されていますね。特に妊娠とか妊活に関する誤った情報を見ることが多く、不安になった方からもよく質問をいただきます。コロナワクチンで不妊になるというのは本当なのでしょうか?」

「最初に、これは誤った情報だと申し上げておきます。まず知っておいてほしいのは、どんなデマ情報を流すときにも、“効果的な脅し方”があることです。

 デマの典型的なパターンがいくつかあります。自分自身のいまの健康に訴えるよりも、子どもの健康、家族の健康、それから将来の妊娠への影響などを噂として立てることなんです。そうするとすごく不安を煽りやすい。

◆論文や科学的根拠は一切ない

「もし、本当にそういう疑いがあるなら、まっとうな科学者がすぐに騒ぎ出します。びっくりして、安全性の試験をして、論文がたくさん出てきます。もし本当にコロナワクチンで不妊になるなら、そういう論文が複数出て、多くの科学者が懸念を示している、とニュースになるはずです。ところが、実際にはそういうことが起こっていない。

 コロナワクチンによって、不妊になる、流産する、お子さんが自閉症になるといったことを示した論文や科学的根拠は、今のところ、一切ありません」

◆妊娠のプロセスから考える不妊説

「また、メカニズムからもデマだと考えることができます。このワクチンがどういう仕組みで働いていて、どういう作用があるか、予想しない作用が出る可能性はあるか、を仕組みから考えるのです。

 不妊説について、妊娠のプロセスから考えてみましょう。妊娠は、卵子が卵巣から出てきて、卵子と精子が合体して受精卵になって、受精卵が着床して、着床したものが胎盤を形成して、そして胎芽から育って胎児になり、出産します。各プロセスにワクチンが作用するチャンスは、コロナワクチンにおいては想定されていません。また、妊娠の障害になることを強く疑わせるような科学的根拠は一切ないと言っていいですね」

◆今回のデマ情報の出どころは?

「何か情報が出てきたときに、誰が言い始めたのかを見てほしいのです。この話は、元ファイザーで地位のあった人が、『コロナワクチン(で出来た抗体)が胎盤と相互作用して不妊を引き起こす可能性がある』とクレームを付けたことからはじまりました。彼が2020年末に突然、EMA(欧州医薬品庁)に請願書を出したことで、ニュースになったのです。しかし彼は、まったく正しい情報も参考文献も付けていないんです。そして、何の根拠もないということで多くの科学者に否定されました。

 なぜクレーマーが出てくるのでしょうか。お金やイデオロギーのためか、昔の職場に不満があったのか、自己承認欲求やエゴがあったのか――いろんな理由は考えられます。ただ、その手法はワクチンに反対する人々によって昔から使い慣らされていたものを、コロナワクチンに持ち込んだだけです。今回の件は、科学者を名乗ってファイザーに勤めていた方が言ってしまったことで、騒ぎが大きくなりましたが、いずれも根拠が全くないんです」

◆妊婦さんの体への影響も検証済

「さらに、今回の情報がデマであることは、現在はすでに検証されています。まず、コロナワクチンを打った妊婦さんの追跡研究の結果があります。妊娠中の体の不都合や、産まれたお子さんに起こる問題が、ワクチンを打っていない人と打っている人で、発症する確率が全然変わらなかったのです。ですから妊娠中の方が打っても大丈夫だろうと言えます。(※参考文献「N Engl J Med 2021; 384:2273-2282」)

 そして、コロナワクチンの臨床試験を受けた方でも、その後妊娠した方はたくさん確認できています。なので、完全に妊娠しなくなるようなことはないと、確実に証明されています。これらの情報から、このワクチンによって不妊になる、妊娠に影響があるといったことは全く根拠がない、感情に訴えるデマでしかないということがはっきり分かると思います。

 今後も常に、製薬企業や外部の科学者が検証を続けますし、もし科学的に妥当なクレームが出てくれば、科学者がしっかり指摘してニュースになります。ですから、公的団体が注意を出さない限りは、こういったデマは、『何を言ってるんだ』と笑って却下してまったく問題ありません」

◆そもそも避妊薬を作るのは難しい

池田「科学者がしっかりとモニタリングをしているので、何か起こったら皆さんにすぐ知らされるということですね。ファイザー社やモデルナ社のワクチンを打った直後に妊娠された方もいますし、不妊になることはありえないと」

「もう1つ追加しますと、避妊薬って作るのが結構難しいんですよ。経口避妊薬(ピル)、緊急避妊薬(アフターピル)や、海外では注射で打つ避妊薬、肌にパッチで貼る避妊薬もあります。これらはホルモンの状態を変えることによって妊娠しないようにするのですが、少量で効果が長続きする薬は今のところ作れていないんです。しかも薬によっては、避妊に失敗して妊娠しちゃうことがあるんですね。つまり、薬によって完全に妊娠を防ぐのは、ほぼ不可能だと分かっています。

 ですからワクチン1回か2回、しかもすごく少ない量で、妊娠を阻害することは、ほとんどないと考えていいと思いますね」

池田「今まで知られている他のワクチンで、不妊を起こすようなワクチンはありますか?」

「ないですね」

◆噂話のようなことは起こらない

池田「これに関連した情報で、SNSにメッセージを頂いたのですが――コロナワクチンを打った人の吐いた息を他の人が吸ったり、接種した人と肌が触れると、妊娠してしまったり、月経サイクルが狂ったり、がんになって大量出血するという噂話があるんです。これは事実でしょうか?」

「それはないですね。ワクチンを打ったからって、体から何かの成分が呼気の中に出てくることはないです。もしそんな事実があるなら、それを利用して、コロナを防ぐもっと効果的な薬ができると思います。

 他にも、『コロナウイルスを打つと5Gの電波に操られる』とか、不安の中でいろんなことを言う人がいます。

 でも、ワクチンを打つことで変わるものは、免疫の状態だけなんです。他の人に影響することはないどころか、自分の体内でもマイルドな反応しかありません。噂話のようなことは起こらないと断言していいですね」

◆デマを流す人の罪は大きい

池田「こういうデマ情報が発信されることに、すごく憤りを感じます」

「デマを流す人の罪は大きいですよね。ワクチンに反対する人は昔から多くいます。ジェンナー(1749-1823年)が天然痘のワクチンを発明した時からいるんです。ジェンナーは牛痘接種法といって、牛にできるプチプチ(牛痘)から取ったウイルスを人に打ちました。そうしたら『そんなものを打ったら人は牛に変わってしまう』という噂が流れたのが、最初の反ワクチンだと言われているんです。

 そういう時代からの伝統的な反対論の典型が、コロナワクチンにおける不妊や妊娠への影響、子どもが自閉症になる、といったデマなのです」

池田「こういうデマで、不必要に不安になってしまったり、妊活を遅らせたりする方もいらっしゃるので、私たちがしっかりと誤った情報を検証して、正確な情報を発信していくのはとても大事だと思います」

【こびナビ】
新型コロナウイルスやワクチンに関する、正しい情報を発信するプロジェクト。医師たちによる文章や動画で情報発信している。

<こびナビ   構成/女子SPA!編集部>


関連リンク

  • 6/30 15:45
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます