次に観るべき韓国映画は何!? “今観るべき傑作韓国映画17選”

拡大画像を見る

昨年は『パラサイト 半地下の家族』、今年は『ミナリ』。米アカデミー賞を席巻し続けている韓国映画にフォーカス! スターチャンネルが映画ファンこそ満足するに違いない17作品を厳選。次に観るべき韓国映画がわかる!好みの韓国映画がきっと見つかる!

近年『パラサイト 半地下の家族』や『ミナリ』で米アカデミー賞をはじめ世界を席巻し続けている韓国映画にフォーカスし、一度観たら病みつきになる中毒性を持つ注目の韓国映画を “今観るべき傑作韓国映画17選”として大特集!
韓国映画というと韓流ブームのラブロマンス・コメディのイメージがあるかもしれないけれど、痛快アクションやバイオレンス要素の作風、ハラハラドキドキのサスペンス、韓国史に残る事件を基に描いた作品など、様々なエンターテインメント要素が多く含まれている作品も多い。朝鮮戦争時、訓練期間わずか2週間、平均年齢17歳の772人の韓国軍学生兵たちの悲しき運命を描いた『長沙里9.15』をはじめ、韓国国内で深刻な社会問題にもなっている児童虐待問題を取り上げた『幼い依頼人』など、スターチャンネルが厳選した17作品をお届け! 次にどの韓国映画を見たら良いか分からないという方に是非おすすめ。

『奴隷の島、消えた人々』(2016年)

© 2015 SANSOO VENTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

韓国全土を震撼させた事件にインスパイアされた社会派ドラマ。離島で起きた大量殺人
事件の裏で、明るみに出た驚愕の真実を描く。2014年、韓国全土を震撼させた新安塩田奴隷労働事件にインスパイアされた社会派ドラマ。ストーリーそのものはフィクションだが、韓国社会が今なお抱える暗部に迫る衝撃的な内容と、POV(主観)手法を駆使した臨場感溢れる映像が大きな話題を呼んだ。主演は『チェイサー』のパク・ヒョジュ。『インサイダーズ/内部者たち』などの名バイプレーヤーのペ・ソンウら、実力派キャストがリアルな緊張感を支えている。

『哀しき獣』(2010年)

©2010 WELLMADE STARM AND POPCORN FILM ALL RIGHTS RESERVED.

ハ・ジョンウ主演の犯罪サスペンス。過酷な運命に翻弄されながらも、妻と再会するた
めに孤軍奮闘する男の姿を描く。
ナ・ホンジン監督の傑作『チェイサー』でタッグを組んだ2人が、脚本の素晴らしさに惹かれて再集結した犯罪サスペンス。『ベルリンファイル』のハ・ジョンウが、悲哀を背負いながらも妻との再会のために奮闘する男を体現。『暗数殺人』のキム・ユンソクは、キャリア史上最も卑劣な悪役に挑み、牛骨を武器に戦う姿のインパクトが強烈。彼らの熱演と、息をもつかせぬハイスピード&緊張感みなぎるダイナミックな展開も見どころ。

『悪人伝』(2019年)

©2019 KIWI MEDIA GROUP & B.A. ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED.

マ・ドンソク主演のバイオレンスアクション。自分を襲った連続殺人鬼を追いつめるた
め、刑事と手を組むヤクザの組長を描く。
『新感染 ファイナル・エクスプレス』のマ・ドンソクが、復讐に燃えるヤクザの組長を演じるバイオレンスアクション。彼と手を組む破天荒な刑事役に『ノーザン・リミット・ライン 南北海戦』のキム・ムヨル。マ・ドンソク共演の『犯罪都市』で注目されたキム・ソンギュも、殺人鬼役で強烈な印象を残す。対立するヤクザと警察、神出鬼没の連続無差別殺人鬼による壮絶な戦いが、やがて1つの“正義”を導いてゆく展開が痛快。

『スウィング・キッズ(2018)』

©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & ANNAPURNA FILMS. All Rights Reserved.

K-POPグループEXOのボーカリストD.O.主演の感動ドラマ。朝鮮戦争時代に捕虜たちで結成されたダンスチームの奮闘を描く。
D.O.は6ヶ月間の猛特訓をこなし、タップダンスに魅了された朝鮮人民兵を熱演。世界最高峰のタップダンサーでもあるジャレッド・グライムスを共演に迎え、難易度が高い圧巻のダンスシーンを披露している。朝鮮戦争とダンスという組み合わせで、国籍も身分も異なる捕虜たちが、ダンスを通じて結ばれていく姿が感動を誘う。本国では公開わずか9日という速さで観客動員100万人を記録。

『エクストリーム・ジョブ』(2019年)

©2019 CJ ENM CORPORATION, HAEGRIMM PICTURES. CO., Ltd ALL RIGHTS RESERVED

韓国の歴代興収1位を記録したアクションコメディ。大人気のチキン店を経営することになった麻薬捜査班の姿を描く。
解散寸前の麻薬捜査班による奇想天外なドタバタ捜査の行方を、『王になった男』のリュ・スンリョン主演で描いたアクションコメディ。潜伏捜査のために偽装営業を始めたフライドチキン店が、ひょんなことから大繁盛。韓国の国民食ともいえるフライドチキンをモチーフにした奇抜な設定と、捜査とチキン店の狭間で奮闘する刑事たちの姿が笑いと共感を誘って大ヒットを記録。韓国では1600万人を動員し、歴代興収1位に輝いた。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016年)

©2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

全世界の映画祭で絶賛された韓国発サバイバルアクション。ソウル発プサン行きの高速鉄道の中で巻き起こるゾンビパニックを描く。
疾走する高速列車を舞台に、謎の感染爆発によるゾンビ襲来に直面した人々のサバイバルを描き、世界中で話題を集めたホラーアクション。『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』など日本でも高い人気を誇るコン・ユが、娘を守ろうとする父親を熱演。『悪人伝』のマ・ドンソク、『82年生まれ、キム・ジヨン』でもコン・ユと共演したチョン・ユミらが脇を固める。また、死の危険が迫る極限状態の中で炙り出される人間ドラマも必見。

『長沙里9.15』(2019年)

©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

『友へ チング』のクァク・キョンテク監督の戦争ドラマ。朝鮮戦争時、訓練期間わずか2
週間、平均年齢17歳の772人の韓国軍学生兵たちの悲しき運命を描く。
朝鮮戦争で雌雄を決したと言われる仁川上陸作戦。その裏で決行された“長沙里上陸作戦”に焦点を当てた戦争大作。『V.I.P.修羅の獣たち』のキム・ミョンミンが彼らを率いる大尉を演じ、人気グループSHINeeのチェ・ミンホが学生兵のリーダーを演じている。共演は『トランスフォーマー』シリーズのミーガン・フォックス。

『悪女/AKUJO』(2017年)

©2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & APEITDA. All Rights Reserved.

凄腕の女暗殺者が過酷な運命に翻弄されながら死闘を繰り広げる姿を描く、革新的な映像が賞賛されたバイオレンスアクション。
『渇き』のキム・オクビンが、過酷な運命に翻弄される女暗殺者を熱演したハードアクション。殺し屋として育てられた女性の復讐が描かれる。冒頭7分に及ぶワンカットの主観映像をはじめ、自由自在に動き回る超絶カメラワークを駆使したアクションがカンヌ国際映画祭でも賞賛を浴びた。怒涛のバイクチェイスは、『ジョン・ウィック』シリーズのアクションにも影響を与えている。監督は『殺人の告白』のチョン・ビョンギル。

『チェイサー(2008)』

©2008 Big House/ Vantage Holdings. All Rights Reserved

鬼才ナ・ホンジン監督のデビュー作となる衝撃のクライムサスペンス。元刑事の男と女性ばかりを狙う連続殺人犯との対決を描く。『哭声/コクソン』などで知られる鬼才ナ・ホンジン監督のデビュー作で、韓国の映画賞を席巻した衝撃のクライムサスペンス。実在の猟奇事件を基に、女性ばかりを狙った連続殺人犯と事件の真相を追う元刑事の対決を、息詰まるタッチで描く。俳優陣の熱演に加えて、緊迫感漲る演出が観客を釘付けにする。事件の壮絶さを体感させるバイオレンス描写の凄まじさは、他の追随を許さない。主演は『暗数殺人』のキム・ユンソク。

『インサイダーズ/内部者たち』(2015年)

©2015 SHOWBOX AND INSIDE MEN, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

イ・ビョンホン主演でウェブ漫画を映画化したサスペンス。腐敗した韓国社会の裏で、暗躍する3人の男の思惑を描く。
巨大な腐敗権力を巡り、命懸けの頭脳戦を描く社会派サスペンス。R指定作品として韓国歴代No.1ヒットを記録。『王になった男』など卓越した演技力で観客を魅了するイ・ビョンホンが復讐を企てるチンピラを演じ、検事役に実力派チョ・スンウ、社会を陰で動かす策士役に重鎮ペク・ユンシクら韓国を代表する俳優陣が集結。二転三転する駆け引きと、現実社会での腐敗に異を唱える“映画ならでの正義”に挑んだ点も本作の魅力。

『監獄の首領』(2017年)

© 2017 showbox and curoholdings ALL RIGHTS RESERVED.

ハン・ソッキュとキム・レウォンが共演したクライムアクション。組織のボスと元警察官が、監獄の中から仕掛ける完全犯罪を描く。
『シュリ』のハン・ソッキュと『江南ブルース』のキム・レウォン共演で描く、大胆なストーリー展開がみどころのクライムアクション。韓国映画界を牽引してきたベテラン俳優ソッキュが、犯罪組織のボスで刑務所内の王のように君臨する囚人を演じ、強烈なカリスマ性を発揮。そんな彼を脅かす元刑事を若手実力派のレウォンが演じる。監獄であることがアリバイとなり、刑務所内から完全犯罪を企てるというアイディアが秀逸。

『哭声/コクソン』(2016年)

©2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

ナ・ホンジン監督、國村隼出演のサスペンススリラー。平和な村で殺人事件が続発し、警察は不審な男を追い詰めてゆく。
『チェイサー』で世界中に衝撃を与えたナ・ホンジン監督が、『哀しき獣』以来、6年ぶりに送り出したサスペンススリラー。先の読めないストーリー展開とジャンルを特定できないオリジナリティあふれる巧みな脚本が観客を翻弄し、韓国だけでなく世界各国で絶賛された。國村隼が物語のカギを握る謎の男を怪演。圧倒的な存在感で物語を支え、韓国の権威ある映画賞・青龍映画賞で外国人として初の助演男優賞など二冠を受賞した。

『暗数殺人』(2019年)

©2018 SHOWBOX, FILM295 AND BLOSSOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

キム・ユンソクとチュ・ジフンW主演の韓流サスペンス。実際の事件を基にミステリアスな殺人犯と彼に翻弄される刑事の姿を描く。
韓国全土に衝撃を与えた実際の連続殺人事件をモチーフに、ミステリアスな殺人犯と刑事の息詰まる攻防を描くサスペンス。静かな情熱と執念で未解決事件を追う刑事に、『チェイサー』の名優キム・ユンソク。『神と共に』のチュ・ジフンが「7人を殺した」と告白して刑事を翻弄する男を演じて、強烈な存在感を放つ。2人の熱演に加え、緻密な脚本と緊迫感漂う演出が話題を呼び、その年の賞レースを席巻した。

『グエムル -漢江の怪物-』(2006年)

©2006 Chungeorahm Film. All rights reserved.

ソウル市内を流れる漢江に、突如出現した怪物“グエムル”。怪物に娘をさらわれた一家の戦いを描いた韓流モンスター・パニック。
『母なる証明』のポン・ジュノ監督が手掛けた異色のモンスター映画。韓国では興行記録を次々と塗り替える大ヒットとなり、話題を集めた。娘をさらわれた小市民のダメ親父を『殺人の追憶』のソン・ガンホ、その妹を『空気人形』のぺ・ドゥナが演じ、欠点だらけの一家が一致団結して怪物“グエムル”に立ち向かう。パニック映画ながら家族愛も描いた感動ドラマに仕上がり、怪物の異形の姿と驚異的なスピードが度肝を抜く!

『幼い依頼人』(2019年)

©2019 EASTDREAMSYNOPEX CO., LTD. & LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

実際の児童虐待事件を元にしたサスペンス。継母から虐待を受け続けた姉弟に心を動かされた弁護士が、真実を明かすため奔走する。
2013年に発生し、韓国全土を震撼させた漆谷(チルゴク)継母児童虐待死亡事件を完全映画化した実録サスペンス。多発する児童虐待問題に警鐘を鳴らしている。『エクストリーム・ジョブ』のイ・ドンフィが主人公の弁護士を熱演するほか、事件の真相のカギを握る母親役を韓国版『黒い家』のユソンが演じる。また、天才子役と呼ばれるチェ・ミョンビンが継母の暴力に脅える姉弟の姉を演じ、後半の裁判劇では圧巻の演技を見せる。

『The Witch/魔女』(2018年)

©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

『梨泰院クラス』のキム・ダミが主演したバイオレンスアクション。特殊施設から逃亡し、平穏に暮らす少女の壮絶な戦いを描く。
『新しき世界』のパク・フンジョン監督が、特殊施設で育った少女の壮絶な戦いを描いたバイオレンスアクション。平凡な少女から変貌してゆく主人公の二面性を圧巻の演技アプローチで表現した『梨泰院クラス』のキム・ダミは、公開当時の映画賞を総なめにして“怪物新人”と呼ばれた。共演は『パラサイト 半地下の家族』のチェ・ウシク。それまでの映像をもう一度見直したくなるような、驚愕のラストも見どころ。

『V.I.P. 修羅の獣たち』(2017年)

©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

チャン・ドンゴン主演のバイオレンスアクション。連続殺人事件を巡って、国家機関の闇に翻弄される男たちを描く。
韓国映画史上初めて“企画亡命者”を扱ったバイオレンスアクション。『泣く男』以来、3年ぶりの映画出演となったチャン・ドンゴンが国家情報院の要員を演じ、キム・ミョンミンやパク・ヒスンといった主役級キャストに若手実力派イ・ジョンソク、ハリウッドからはピーター・ストーメアが参戦。南北問題をベースに、豪華キャストが繰り広げる攻防とバイオレンス描写の激しさに圧倒される。監督は『新しき世界』のパク・フンジョン。

今観るべき傑作韓国映画17選

【STAR1 字幕版】 7月10日(土)8:15~&7月17日(土)7:00~ 一挙放送
7月12日(月)~7月15日(木)& 7月19日(月)~7月23日(祝・金)14:00頃~ 連日放送(全17作品)

関連リンク

  • 6/29 15:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます