針の穴に糸を通すのが苦手な人へ… 衝撃の事実を描く漫画に「マジか」「知らなかった」

拡大画像を見る

裁縫をする際に、針の穴に糸を通すのが苦手という人は一定数いるでしょう。

自力で通そうとするとうまくいかず、無駄に時間をかけてしまい、イライラすることも…。

※写真はイメージ

人によっては、針の穴に糸を通す器具である『糸通し』などを利用しているかもしれません。

「針の穴に糸を通すのが大変」というと…

漫画家の石蕗こはな(@tsuwakoha)さんが描いた実録漫画をご紹介します。

裁縫に興味はあるものの、針の穴に糸を通すのが苦手だという、石蕗さん。ある時、驚きの事実を目の当たりにします。

なん…だと…!

頭部のくぼみから難なく糸を通すことができる、とても便利なタイプの針も出ているのだとか。

簡単に糸を通すことができるタイプとしては、クロバー株式会社が販売している『セルフ針』が有名ですが、似たような仕組みの針は、100円ショップなどでも販売されているようです。

漫画に対し、読者からは「マジか…初めて知った!」「糸通しすらいらないとは」「実は結構前からあるらしいよ」といった声が相次ぎました。

裁縫の際に生じる、小さなストレスがなくなると思うと嬉しいですね。針の穴に糸を通すことに苦手意識がある人は、使ってみてはいかがでしょうか。

[文・構成/grape編集部]

出典 @tsuwakoha

関連リンク

  • 6/30 13:28
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます