1ゴール1アシストでMOMのウクライナ代表MFジンチェンコ「歴史的な快挙」

拡大画像を見る

 ウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコ(マンチェスター・C/イングランド)がベスト8入りに喜びを語った。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 EURO2020決勝トーナメント1回戦が29日に行われ、ウクライナはスウェーデン代表と対戦。27分、ジンチェンコのゴールで先制したものの、42分にエミル・フォルスベリに同点弾を許し、試合は延長戦に。98分にマルクス・ダニエルソンが一発退場し、ウクライナが数的有利となると、延長後半アディショナルタイムにジンチェンコのクロスにアルテム・ドフビクが頭で合わせ、決勝点をマーク。値千金のゴールで2-1で勝利したウクライナは史上初の準々決勝進出を果たした。

 1ゴール1アシストで勝利に貢献したジンチェンコはこの試合のスター・オブ・ザ・ゲーム(マン・オブ・ザ・マッチ)に選出された。試合後、同選手は「これは歴史的な快挙だ。僕のみんなへのアドバイスは一緒に祝福しようということだ。僕たちは一度しか生きることができず、この瞬間を再び味わうことはできない」と喜びを語った。

「僕にとってこの試合に集中することは難しかった。なぜなら、これまでの3試合で僕たちには多くの批判があったからね。チームにもっと多くのことが与えられると思っていた。僕たちの国やヨーロッパ全体に対し、自分たちの目標を達成できると見せられたことはとても誇りに思っている」

 ウクライナは7月3日、準々決勝でイングランド代表と対戦する。

関連リンク

  • 6/30 13:21
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます