『ミキ』亜生が飼う保護猫たちがかわいすぎる! 積極的な保護猫活動も

拡大画像を見る

兄の昴生さんとともに、兄弟ならではといえる息の合った掛け合いが人気を集める、お笑いコンビ『ミキ』の弟・亜生さん。

亜生さんといえば、2021年6月現在、5匹の保護猫を飼っており、保護猫活動にも力を入れていることで有名です。

『ミキ』亜生が飼っている保護猫がかわいい!保護活動にも積極的

Instagramには、たびたび愛猫たちのかわいい写真が投稿されています。

亜生さんの溺愛っぷりが話題になっている、猫とはどんな子たちなのでしょうか…。

愛猫は子供そのもの

同年5月6日には、『こどもの日』にちなんで、猫たちを「子供」と呼び、幼かった時期の写真を投稿した亜生さん。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

こどもの日なので、僕の子供たちです!

aseihurricane ーより引用

亜生さんのように、ペットのことを「子供」と呼ぶ飼い主は多いもの。まだあどけない様子の子猫たちに心を癒されますね。

元野良猫とは思えないくつろぎっぷりの猫たち

ある日、亜生さんは、「少しは野良猫やった時のこと思い出してほしい」という1文とともに、猫たちが部屋の中でくつろぐ動画を投稿。

人間が近付いても、自由に寝たまま、だらんとしている猫。亜生さんが普段からたっぷりと猫たちを甘やかしていることが分かる1本ですね!

昼寝する時も一緒

ある時は、年末年始に昼寝をする様子を撮影。見る人を笑顔にさせた、こちらの写真をご覧ください!

親子のように川の字になって眠る1人と2匹。そして、その様子を見守っているようなもう1匹の姿がかわいくて心が和みます。

亜生さんは、年末年始で自宅にいる飼い主を邪魔もの扱いする猫たちに文句をいいつつも、『#何されても一生面倒みるけど』『#マジ家族なんやけど』『#戸籍入れたいんやけど』という、本音があふれるハッシュタグを投稿しました。

子猫との出会いがキッカケで、始まった保護猫活動

亜生さんが、猫を飼うようになったきっかけは、2015年に出会った1匹の子猫でした。

こいつを一昨日拾いました!お医者さんいわくまだ産まれたてだそうです!

aseihurricane ーより引用

拾った猫を動物病院へ連れて行き、できる限りの世話をした亜生さん。最終的に、子猫は亜生さんが引き取ることになり、『助六』と名付けられました。

亜生さんのInstagramでは、助六のように、いろいろな経緯で飼うことになった猫たちの成長過程を見ることができます。

自分が飼っている猫だけでなく、里親を募集している保護団体の紹介や、保護猫活動にまつわるニュースをシェアするなど、精力的に活動している亜生さん。

興味のある人は、Instagramをのぞいてみてくださいね。

[文・構成/grape編集部]

出典 aseihurricane

関連リンク

  • 6/30 11:35
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます