キンプリ対WEST「異例の裏被り」余波は?重岡大毅連ドラ「モデル番組」の危機!

拡大画像を見る

 6月29日放送のジャニーズWESTの冠番組『パパジャニWEST』(毎週火曜日夜11:56から、TBS系=以下同)に俳優のマギー(49)が出演した。

 マギーは、脚本家として活躍しており、7月9日から放送予定のジャニーズWESTの重岡大毅(28)主演のドラマ『#家族募集します』でも脚本を担当する。そのため番組では、重岡に関する質問も、マギーに振られた。

「番組からマギーに、なぜ重岡が主演に抜擢されたのか、との質問がされました。マギーはこれに、“僕がプロデューサーからお話をいただいたときに、『重岡くんのパパが見たい。何かありませんか?』というオファーだった”とし、“そのプロデューサーさんは『パパジャニ』を見て、重岡くんにパパをやらせたらいいんじゃないかって”と、『パパジャニ』が重岡の主演起用のきっかけになったと語りました。また、マギーは『#家族募集します』を“ある種『パパジャニ』のスピンオフ”とも話していました」(テレビ誌ライター)

■「『パパジャニ』で子どもたちに見せる少年のような笑顔」を評価

 7月9日から始まる『#家族募集します』は、シングルファーザーになったばかりの重岡演じる赤城俊平が、幼馴染の小山内蒼介(仲野太賀・28)の思いつきで『#家族募集します』とSNSで募集をしたところ、小学校教師のシングルマザー・桃田礼(木村文乃・33)、子持ちシンガーソングライターの横瀬めいく(岸井ゆきの・29)が反応し、共同生活を送るというストーリー。

 ドラマ公式サイトによると、重岡を起用した佐久間晃嗣プロデューサーは、「ジャニーズWESTのセンターとしてのキラースマイル、『パパジャニWEST』で子どもたちに見せる少年のような笑顔、俳優としての自然体の笑顔。どの笑顔も繊細な感性に溢れていて、主人公・俊平役にぴったりだと感じ、オファーいたしました」とコメントしている。

「TBS系のドラマは『半沢直樹』をはじめ、『恋はつづくよどこまでも』、『私の家政夫ナギサさん』、『ドラゴン桜』といった大ヒット作を連発をしていて、局の看板を背負うスーパーコンテンツになっています。

 民放では今、断トツ一番の人気と影響力があるTBSドラマの主演に、重岡が起用されるきっかけが『パパジャニ』だったというのはすごい。深夜のバラエティ番組ながら、強い影響力を持っているということですよね」(前出のテレビ誌ライター)

■ドラマにつながった『パパジャニ』にキンプリ殴り込み!?

 重岡をドラマ主演のきっかけになった『パパジャニ』だが、不穏な話も聞こえてくる。

「10月から日本テレビ系の火曜深夜の『プラチナイト』枠で、現在放送中の『ウチのガヤがすみません!』が終了し、King&Princeの冠番組『King&Princeる。(キンプる)』(日本テレビ系)がレギュラー化されるのでは、とささやかれています。同番組は、キンプリのメンバーが面白く成長するために体を張ってお題に挑戦するというバラエティ番組で、5月23日に単発として1度放送されています」(制作会社関係者)

 8月21日と22日に放送される『24時間テレビ』のメインパーソナリティーに起用され、ノリに乗っているキンプリの番組レギュラー化の噂。ただこれが、ジャニーズWESTに大きな影響を与える。

「10月から本当に『キンプる』が『プラチナイト』枠で放送されることが決まれば、放送時間が火曜日23時59分から24時54分となり、火曜日の23時56分から24時55分に放送されている『パパジャニ』と時間が被ってしまうんです。

 つまり、『キンプる』のレギュラー化が決まった場合、10月からジャニーズWESTとキンプリが、裏被りのバチバチを繰り広げることになってしまうのです。これまで、こうしたジャニーズグループの冠番組同士のド裏被りは、おそらくなかった。

 現在は、キンプリのほうが人気と勢いでジャニーズWESTを上回っていると言えそうですから、『パパジャニ』にダメージがあるのは避けられないでしょう。重岡さんのドラマ主演につながった番組ではあるのですが、『キンプる』次第で、秋以降の『パパジャニ』は決して安泰とは言えなくなっていくでしょうね」(前同)

 ジャニーズに人気グループが多いがゆえに生じた問題。秋以降、果たしてどうなる!?

関連リンク

  • 6/30 11:41
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます