三浦春馬さん「一周忌対面なし」の哀切!七夕と「2つの心残り」

拡大画像を見る

 2020年7月18日に三浦春馬さん(享年30)が急逝してから、もうすぐ一周忌を迎える。コロナ禍で2020年内に『お別れの会』をするはずが2021年7月に延期となったことが2020年10月28日に所属事務所から告知されていたが、結局、『お別れの会』は、ネット上で形を変えて行われることが明らかとなった。

 6月26日、事務所は公式サイトで、

《様々な検討や議論を尽くした結果、”お別れ”をする場ではなく、それぞれの心の中で生き続けている彼に、それぞれの場所から想いを寄せていただける場を作ることこそが、皆様のお気持ちに最もお応えできる方法なのではないかという結論に至り、7月18日に、追悼サイト内に特別な場所をご用意させていただくことといたしました。

 サイト内には、ドラマ/映画/舞台/音楽と、様々な作品に情熱を注いだ三浦春馬の、その姿を感じていただける映像をご用意させていただきます。

 本映像の制作に際しまして、作品関係者、共演者の皆様より多大なご協力を賜りましたことを、改めて感謝申し上げます。

 尚、詳細に関しましては、後日サイト内でご案内させていただきます。》

 と発表。《お送りいただきますお気持ちは、これまでにお預かりした多くのメッセージと共に、ご遺族のもとへお届けさせていただきます》ともつづっている。

「コロナ禍にくわえ、三浦さんのファンは海外にも多くいることも、今回の形に変えた理由だと説明しています。本当なら、しっかりした告別式のような形でお別れしたかったファンも多いとは思いますが、これが1つの区切りとなるでしょう。

 また、三浦さん最後の主演映画『天外者』が、七夕である7月7日午後7時に全国の映画館169館で一夜限り“七夕特別上映”されることも発表されています」(女性誌記者)

■果たせなかった「どんちゃん騒ぎしようぜ」を語る西川

『天外者』は、三浦春馬さんが五代友厚、三浦翔平(33)が坂本龍馬、T.M.Revolutionの西川貴教(50)が岩崎弥太郎、森永悠希(24)が伊藤博文として、「日本の夜明けを夢見る同志たち」をそれぞれ好演。

 6月26日、西川が出演した『人生最高レストラン』(TBS系)で、春馬さん、翔平、と3人で訪れた創作中華店の思い出を語っていた。

「西川と翔平は撮影で遅れている春馬さんを待ちながら、コース料理を食べていたそうです。春馬さんはだいぶ遅れて到着したそうで、“おなかがすいてるから、どうしてもマーボー豆腐を食べたい”と注文したといいます。そのマーボー豆腐が番組で紹介されていました。

 また、西川はこの際、“果たせなかった約束”の話もしていました」(制作会社関係者)

 その日は3人でコース料理を楽しめなかったため、「公開になったら、舞台あいさつとかもたくさんあるし、そしたらどんちゃん騒ぎしようぜ」(※撮影時期は19年10月~12月だった)と3人で約束していたが、それが叶う前に春馬さんはこの世を去ってしまった。そのため、

「結局、それがかなわないままだったんで、ちょこっとこういうのを見ただけでもね、思い出しますね。食べさせてやりたかったなって思いますね」

 と、西川は話していた。

■短冊に書くほどやりたかったキャンプだったが…

 また、「七夕」からファンが思い出すのは、2019年7月クールに放送していた主演ドラマ『TWO WEEKS』(TBS系)での出来事だろう。

「当時の七夕に出演者たちが短冊に願い事を書いて公式ツイッターで発表する企画があったんですが、ここで三浦さんは“今年(19年)の夏こそバーベキューとキャンプと、フライフィッシング出来ますように”と書いた短冊を持った写真を投稿していたんです。前年に三浦さんは、キャンプに興味があることを、当時『+act』(ワニブックス)に連載していたコラム『日本製』(20年4月に書籍化)で明かしていました」(前出の女性誌記者)

 当時『日本製』で三浦さんは「実は友達と、今年(18年)からキャンプを始めようと話していて」「なかなか実現しなかったんです」と話していた。19年の七夕に「今年こそ」とあったことから、18年は実現できなかったと思われる。

「20年6月4日放送の『世界はほしいモノにあふれてる』(NHK)でも、“実は親友と4年前くらいからキャンプしたいと話してますが、まだできてないんです”と話していたことから、最期までキャンプできないままこの世を去ってしまった可能性が高い。非常に悔やまれるのは、20年7月29日に本来なら北海道の『星に手のとどく丘キャンプ場』でジンギスカンやキャンプのPR撮影があったことが当時キャンプ場の公式サイトで明かされていました」(前同)

 21年5月3日放送の『せかほし』は、JUJU(45)と、三浦さんの後任MCの鈴木亮平(38)がスタジオを飛び出し、キャンプや焚き火を楽しむ外ロケ企画だった。

 もし、存命だったら三浦さんは、キャンプを楽しめていたかもしれない。残念だが、あらためて偉大な俳優を心から悼みたい。

関連リンク

  • 6/30 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます