鳥栖MF湯澤洋介が右ひざ前十字靭帯断裂…再建手術済みで全治約7カ月

拡大画像を見る

 サガン鳥栖は30日、MF湯澤洋介が右ひざ前十字靭帯断裂と診断されたことをクラブ公式サイトで発表。また、湯澤が25日に同箇所の再建手術を受け、無事に終了したことも併せて発表している。

 クラブ公式サイトの発表によると、湯澤は16日のトレーニング中に負傷した模様。25日には負傷した箇所の再建手術を行い、全治は約7カ月だという。

 現在30歳の湯澤は、2013年より栃木SCに加入してプロキャリアをスタートさせると、2016年には水戸ホーリーホックに完全移籍。2018年に京都サンガF.C.へと活躍の場を移すと、2020年からは鳥栖でプレーしている。今シーズンの明治安田生命J1リーグではいまだ出場がないものの、ルヴァン杯グループステージでは5試合に出場して2ゴールをマークしていた。

関連リンク

  • 6/30 10:45
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます