こんなにかわいい犬だったなんて! 毛を刈った後の保護犬の姿にびっくり

拡大画像を見る

アメリカのミズーリ州にある動物保護施設『KC・ペット・プロジェクト』に、オスの野良犬が保護されました。

施設のスタッフはその犬を見て言葉を失います。なぜならその犬は体の毛が伸びすぎてべっとりと固まり、パッと見てなんの動物かが分からないほどの状態だったからです。

まるで被毛でできた着ぐるみを着ているような状態の犬は、歩くのもままならない様子でした。

スタッフはその犬をサイモンと名付け、2人がかりで伸びた毛を刈ることにします。

犬の体を傷付けないように慎重に毛を刈り続けると、だんだんと犬の体の形が見えてきました。

そして2時間以上かけて全身の毛を刈り終えると、かわいらしいシーズーが姿を現したのです。

刈り取った毛の重さは、約3㎏。毛を刈る前のサイモンの体重は約9㎏だったので、3分の1が伸びすぎた毛の重さだったことになります。

サイモンの年齢は推定11歳。かなり痩せていて、慢性のドライアイと歯の治療が必要ですが、それ以外には大きな病気は見つかりませんでした。

また野良犬はダニなどによる皮膚病にかかるケースがありますが、幸いサイモンの肌はとてもいい状態でした。

サイモンの毛を刈る動画には1千万件を超える『いいね』が集まり、サイモンの幸せを願う声が殺到しました。

・こんな状態で生きていたなんて。助けてもらえて本当によかった。

・今、この子がどれほど安心しているかを想像すると涙が出る。

・どうかこの犬に素晴らしい家族ができますように。

被毛の伸び具合から推測すると、サイモンはかなり長い間、野良犬として生きていたと思われるそう。

どんどん伸びる毛によって身動きがとりにくくなっても、助けを求めることもできなかったサイモンの気持ちを想像すると胸が締め付けられます。

現在、サイモンは施設で治療を受けながら、だんだんと明るい性格を取り戻しています。

サイモンが元気になって、優しい家族と暮らせる日が1日も早くやって来るといいですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 kcpetproject

関連リンク

  • 6/30 10:41
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます