『ボヘミアン・ラプソディ』キャストたちはどうしてる???仲良しボラプボーイズの今

拡大画像を見る

クイーンのボーカル、フレディー・マーキュリーの半生を描き、日本でもロングランヒットを記録した『ボヘミアン・ラプソディ』。 本作に出演するキャスト‛ボラプボーイズ'の仲良しぶりも、注目を集めました。公開から2年経った今、彼らはどうしているか、オシゴト事情やプライベート等、気になる最新情報を紹介します。

ラミ・マレック

フレディー・マーキュリーを演じたラミ・マレック。

ラミは何と言っても、大ヒットスパイ映画『007』の最新作『007/ノー・タイム・トゥー・ダイ』の公開が控えています。新型コロナウイルスの影響で、何度も公開延期の憂き目にあいましたが、ついに今年10月に公開予定!

そして、ポッドキャストのドラマ『Blackout』にも出演。本作は、国中で送電網がダウンしてしまった世界を舞台に描かれるスリラー。ラミは、家族とコミュニティを必死で守ろうとするラジオDJのサイモン役。エグゼクティブ・プロデューサーも手掛けています。公式サイトやアプリなどで、日本からでも聞くことができるので(英語)、要チェック!

さらに、『アメリカン・ハッスル』や『世界にひとつのプレイブック』などを手掛けたデヴィッド・O・ラッセル監督の最新作にも出演。クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ロバート・デ・ニ―ロ、アニャ・テイラー=ジョイ、ジョン・デヴィッド・ワシントンら、豪華キャスト共演の注目作です。こちらは最近撮影を終えたばかり!公開が楽しみです。

LOS ANGELES, CA - FEBRUARY 16: Rami Malek is seen on set on February 16, 2021 in Los Angeles, California. (Photo by P&P/MEGA/GC Images)

ルーシー・ボイントンともロマンス続行中!

HOLLYWOOD, CALIFORNIA - FEBRUARY 09: (L-R) Lucy Boynton and Rami Malek attend the 92nd Annual Academy Awards at Hollywood and Highland on February 09, 2020 in Hollywood, California. (Photo by Kevin Mazur/Getty Images)

本作で共演したルーシー・ボイントン(メアリー・オースティン)とのロマンスも注目を集めましたが、現在も二人の交際は進行中!
今年4月には、ルーシーが新作ドラマ『The Ipcress File(原題)』の撮影を行っているクロアチアのザグレブにて、ツーショットをキャッチされました。ラミが海を越えて遥々ヨーロッパまで会いに行った模様です!

グウィリム・リー

ギタリストのブライアン・メイを演じたグウィリム・リー。

『ボヘミアン・ラプソディ』の翌年、2019年には、オーストラリアのロマンティックコメディ『Top End Wedding』に出演。
IMDbによると、婚約したカップル、ネッド(グウィリム)とローレンが、理想の結婚式を挙げるために、行方不明になっているローレンの母をたった10日間で探し出す、という物語。『ボヘミアン・ラプソディ』とは全く違う姿を見ることができそうです。

日本でも配信or公開される事を祈るばかり!

SAGアワードにノミネート!

また、『女王陛下のお気に入り』の脚本家トニー・マクナマラが企画・脚本・製作総指揮を務め、エミー賞にノミネートされた話題作、ロシアのエカチェリーナ2世の半生を面白おかしくドラマ化した『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』に出演!グウィリムも全米映画俳優組合賞(SAGアワード)アンサンブル賞にノミネートされました。

グウィリムが演じるのは、ニコラス・ホルト演じるダメすぎる(だけどどこか憎めない)皇帝ピョートルの腹心にして親友、グリゴール。ちょっと情けなくて人間味あふれる、これ以上ないオイシイ役どころ!
まだご覧になっていない方はぜひともチェックを!

ベン・ハーディ

NEW YORK, NEW YORK - DECEMBER 10: (L-R) Payman Maadi, Corey Hawkins, Ryan Reynolds, Adria Arjona, Manuel Garcia-Rulfo, Lior Raz and Ben Hardy attend Netflix's "6 Underground" New York Premiere at The Shed on December 10, 2019 in New York City. (Photo by Cindy Ord/Getty Images)

ドラマー、ロジャー・テイラー役のベン・ハーディ。

ベンは『ボヘミアン・ラプソディ』の後も、ライアン・レイノルズ主演×マイケル・ベイ監督のアクション映画『6アンダーグラウンド』などに出演し、大活躍!

昨年は、イギリス等で公開されたクライム・コメディ映画『Pixie(原題)』にも出演。本作で共演したオリヴィア・クックとは、一時ロマンスの噂もありました(残念ながら、もう解消している模様です)!

今年は、主演のスリラードラマ『The Girl Before(原題)』(共演は『ロキ』でも注目のググ・バサ=ロー)の放送がイギリスで控えるほか、スリラー映画『The Voyeurs(原題)』の撮影を終え、あとは公開を待つのみ!

さらに待機作が2本と、ますます活躍の予感です。

今月は、毎年恒例イギリス王室が主催するおハイソな競馬開催、ロイヤルアスコット開催にも参加していた模様。
トップハット姿を拝めるのはロイヤルアスコットならではです!

ジョゼフ・マゼロ

ベーシストのジョン・ディーコンを演じたジョセフ・マゼロ。

『ボヘミアン・ラプソディ』後、動きがしばらくありませんでたが、今年5月についに!新作出演のニュースが飛び込んでまいりました。

エンターテイメント情報サイトDeadlineによりますと、ジョセフの出演が決まったのは、インディー映画『Bob And Amy(原題)』!
ジョセフが演じるのは、失業中の音楽評論家。彼と妻のエイミーが、思わぬ妊娠をした高校生カップルの赤ちゃんの養父母に選ばれますが、ボブは不安しかありません。果たして養子を迎えることは、二人にとって吉と出るのか…といった物語。

共演は『ピッチ・パーフェクト』シリーズのアナ・キャンプ。
早くも撮影が始まっており、ジョセフが楽しい撮影風景をインスタに投稿してます!

プライベートでは、なんと最近自宅に泥棒が入った模様。インスタグラムにてその惨状を公開しています。

庭に続くドアの窓が割られ、室内も散々な様子。
でも!ボラプボーイズを愛するファンにとっては嬉しいことに、ジョセフ曰く彼の家で一番価値のある、ベン・ハーディーのカットボードは無事だったようです!

公開からしばらく経ちましたが、こうしてボラプボーイズのネタを持ち出してくれるのは、なんとも嬉しい限りです。

アレン・リーチ

フレディのマネージャーになった、ポール・ブレンダー役のアレン・リーチ。

アレンは、『ボヘミアン・ラプソディ』の後、『ダウントン・アビー』の映画版が公開され、ドラマのファンを歓喜の渦に巻き込みました。

その後は『グッド・ドクター 名医の条件』やテレビ映画『Surveillance(原題)』などに出演。

そして今年!映画版『ダウントン・アビー』の第2弾の製作が発表されました。
インスタグラムを見る限り、アレンも出演する模様!これは楽しみです。

スクリーンの外でも、プロモーションで、授賞式で、仲良く楽し気な様子を振りまいてほっこりさせてくれたボラプボーイズ。
それぞれ活躍の場を広げ、羽ばたいているようです。
今後も楽しみ!

願わくば、それぞれ別の作品で評価され、またどこかの授賞式で再会!なんて事がありますように!

関連リンク

  • 6/29 9:58
  • 映画board

スポンサーリンク

ニューストップへ戻る

記事の無断転載を禁じます