石田ゆり子、力作した「青森ヒバのスワッグ」に降りかかった疑惑とは?

拡大画像を見る

 女優の石田ゆり子が6月28日、インスタグラムを更新。青森ヒバのスワッグを飾った写真を公開。大絶賛されたが、「あわや…」という場面があった。

 石田は「青森ヒバのスワッグ!ぎゅぎゅっとまとめて枝と一緒に革紐で縛る!ヒバの香りはしないけど、何ヶ月もこの色を保ち続けてくれるのです」と綴り、青森ヒバのスワッグを飾った写真を投稿した。

「スワッグとは、植物を束ねて壁や玄関ドアなどにかける飾りのこと。ブーケを逆さにしたような飾り方が定番です。石田さんが作ったスワッグは青森ヒバで、ほぼグリーン一色。花の華やかさはありませんが、とても爽やかなイメージで、今の蒸し暑い季節には特にいいですね」(園芸雑誌ライター)

 さすが、おしゃれ上手な石田。スワッグにも抜群のセンスを発揮し、「どこかのお店かと思いました」「みどり色鮮やか」「なんだか素敵。北欧みたい」などと大絶賛のコメントが殺到。ただ、「ゆり子さん、ステキなんですが、スワッグ裏返しのような気がします…」という声も。石田のスワッグは裏返しだったのか。

「石田さんのスワッグは葉の束の前に何本もの枝があります。一見すると、葉の束より前に枝が見えてしまっているのはおかしいと感じるかもしれません。そのため、裏返しになっていると思われたのでしょう。でも、コメント欄でも指摘がありましたが、これはあえて葉の束の前に枝を配置したものだと思われます。こうすることで、葉も枝も両方見ることができますからね」(前出・園芸雑誌ライター)

 力作したスワッグがあわや裏返しか…と思われたが、正しい位置ということで安心だ。

(石田英明)

関連リンク

  • 6/30 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます