子どもは1日約500mlもの水分補給不足が明らかに!実証実験Web動画配信中

拡大画像を見る

昨今では在宅時間の延長で、さらなる増加が懸念される“室内熱中症”や、高温多湿の環境下でのマスク着用により発症する“マスク熱中症”の危険性も高まり、いつでも、どこでも熱中症になってしまう可能性があります。

そこで、「アクエリアス」は、小学校1年生〜高校3年生の子どもを持つ保護者516人と65歳〜75歳の高齢者208人を対象に、水分補給や熱中症に関する実態調査を実施しました。
また、本調査に関する実証実験Web動画も配信中です。

子どもと高齢者の「水分補給や熱中症対策に関するお悩み実態調査」熱中症には、自分では気付きにくい「隠れ熱中症」があり、暑さによる吐き気やめまい、ふらつきなどの症状が現れます。
暑さによるこれらの症状について聞くと、高齢者76.0%、子ども65.7%が経験していることが分かりました。
熱中症対策として行っていることを聞くと、子ども(65.9%)も高齢者(73.6%)も「定期的な水分摂取」を心掛けています。
しかし、「起きてすぐ水分摂取」しているのは子ども20.7%、高齢者44.2%と半数以下で、「就寝時に枕元に飲料を置く」のは1割台(子ども12.8%、高齢者19.2%)しかいませんでした。

子どもと高齢者、水分補給の実態水分は食事からも摂れることから、飲み水としては1日2リットルが目安といわれていますが、子ども(達成率71.7%)も高齢者(達成率88.8%)も足りていません。
また、水分は1時間でコップ1杯程度(200ml)を複数回に分けて飲むことがよいとされていますが、1時間に飲む水の量について聞いたところ、平均して子どもは165.2ml(達成率82.6%)、高齢者は148.0ml(達成率74.0%)となり、1時間あたりに飲む量も不足していることが分かりました。

さらに1日に必要な水分摂取量について知っているかと聞くと、「知っている」と答えたのは子ども23.8%、高齢者55.8%にとどまり、子どもの69.4%、高齢者の44.2%が「知らない」と答えました。

子どもと高齢者、水分補給の悩み保護者全員に子どもに1日に必要な水分量を摂らせることは難しいかと聞くと、63.4%が「難しい」と答えました。
また、外出時に子どもに飲み物を持たせている保護者484人に、飲料を持たせるときの悩みを聞くと、「水筒自体が重い」(36.0%)、「残して帰ってくる」(35.7%)が上位に挙げられました。
高齢者にも全員に1日に必要な水分量を摂ることは難しいかと聞くと、30.3%が「難しい」と答えています。
「飲みたいと思わない」(47.6%)、「飲むとトイレが近くなる」(44.4%)、「喉があまり渇かない」(39.7%)が水分を摂らない理由として挙げられました。

高齢になると喉の渇きを感じにくくなり、気付かぬうちに脱水状態になるケースもあり、熱中症のリスクも高まります。
喉の渇きを水分補給のタイミングとするのではなく、意識的に摂るように心掛けましょう。

実証実験動画「熱中症対策に、あと少しの水分補給。+1アクエリアス」アクエリアスは、今回の調査結果を元に1日の水分摂取状況を調べる実証実験を行い、その様子を動画として公開。
実際のご家族2組(高齢夫婦・親子)に1時間、普段通り過ごしてもらいながら水分を摂ってもらいました。

加えて、オンラインでも5人に同様の実験を行ったところ、多数の方が1時間で飲むべき量(約200ml)の水分を摂取せずに過ごしているという結果になりました。

熱中症対策にはミネラルを含む「アクエリアス」がおすすめ「アクエリアス」は、アクティブな生活の中で失われた水分とミネラル(ナトリウム)をはじめとして、アミノ酸(BCAA、アルギニン)、クエン酸など動くカラダに大切な栄養素などを補い、万全のコンディションと前向きなマインドを取り戻すためのスポーツ飲料ブランドです。

意識しなければ思うようにできない水分補給。夏は屋内でも汗をかき、屋内熱中症の危険性も高まります。
水分に加えてナトリウムも補給できるアクエリアスを、普段の水分補給にプラスして過ごすようにしましょう。

【参考】
※実証実験動画「熱中症対策に、あと少しの水分補給。+1アクエリアス」
https://youtu.be/slCnuuHDums
  • 6/30 10:00
  • WomanSmartLife

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます