『アーヤと魔女』でジブリとの蜜月終了?日テレ「細田守完推し」に完全移行か

 スタジオジブリ史上初の3DCGによるアニメーション作品『アーヤと魔女』の前評判が芳しくない。

 本作の劇場公開は緊急事態宣言などの影響で、4月から8月に延期となっているが、ジブリ映画では史上初めて、劇場公開に先んじてテレビ放送された。原作は『ハウルの動く城』の作者として有名なダイアナ・ウィン・ジョーンズ。宮崎駿監督も企画として本作に参加しているのだが……。

「監督を務める宮崎jr.の宮崎吾朗監督は、これまでのジブリ作品『ゲド戦記』『コクリコ坂から』がいずれも映画ファンから駄作認定されてしまっています。『アーヤと魔女』はジブリ美術館でも鑑賞できるのですが、評価は散々でネット検索すると『つまらない』『ひどい』がセカンドキーワードに出てくるほど。幼い頃から孤児院で育ったアーヤがある日、奇妙な家に引き取られ、そこで『意地悪な魔女』と『怒ると怖い謎の男』と暮らすストーリーと聞くと、引き取られた子供が新天地での苦悩・葛藤を通じて自分のわがままな性格を改めて立派に成長する物語と思いがちですが、まったく成長しないまま終わるところがこれまでのジブリ作品らしくないため、敬遠されているようです」(映画ライター)

 また、ジブリ作品はこれまで日本テレビががっちりサポートしていたが、今作はNHKが製作に名を連ねている。NHKでは以前にも、ドワンゴとの共同制作で、吾朗氏が監督を務めた『山賊の娘ローニャ』もあり3DCGに挑戦。だが、ジブリクオリティの作画を期待するファンからは、評判が良くなった。

「『となりのトトロ』『千と千尋の神隠し』『崖の上のポニョ』『天空の城ラピュタ』など、何度再放送しても視聴率2桁を記録するジブリ作品は、日テレとしても重要コンテンツであることは間違いない。しかし、宮崎駿氏は高齢となり毎回『最後の監督作』と煽っている状態。加えて、駄作続きの吾朗氏と組む気はない日テレからしても、ジブリとの蜜月関係はすでに冷え込んでいると言っていい。

 ジブリにしてみれば、これまでの21作品をすでに日本・アメリカ・カナダを除いてNETFLIXで世界約190カ国に配信しており、このまま日テレを切って日本での配信も解禁すれば、莫大な利益が上がることは明らか。

 逆に、『Hulu』を持つ日テレとしては、もしそうなれば裏切られたも同然です。かねてから、“NEXT宮崎駿”と見込んで細田作品の制作を手掛けてきた日テレとしては、“細田守監督押し”がより加速しています」(テレビ関係者)

 そんな日テレは『アーヤ』の前評判を聞き、胸を撫で下ろしているかもしれない。

  • 6/30 6:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます