不倫騒動の俳優に第一子誕生。公表したのは意外な人物

拡大画像を見る

 ドラマでの共演がきっかけで2017年から交際しているユアン・マクレガー(50)とメアリー・エリザベス・ウィンステッド(36)。交際発覚当時は2人とも既婚者だったことから、「ゲス不倫!」と騒がれたが、のちに両者とも離婚し、現在もパートナーとして関係を続けている。

 そんな2人にこのたび第一子が誕生したことが判明。その第一報を伝えたのはなんと、当初ユアンとメアリーの関係に猛反発していた娘のクララ・マクレガーだった。

◆“弟”の誕生をSNSで報告したユアンの娘たち

 つい先日、傷だらけの顔で映画イベントに現れ、話題をさらったばかりのクララが、再び世間を驚かせた。

 現地時間27日、インスタグラムを更新したクララは、赤ちゃんを抱いた写真に次のようなキャプションを添えて投稿した。

弟よ、ようこそ(ハートの絵文字)。パパとメアリー、おめでとう。最も素晴らしい贈り物ね

 これに続いたのが、ユアンの次女エスター・マクレガー。モデルやミュージシャンとして活動中のエスターも、姉クララと同様、赤ちゃんを抱いている写真を投稿。そのなかで、弟の名前も明かしている。

「小さい弟に対面。ローリー、私達の家族へようこそ

◆ドラマ共演がきっかけでゲス不倫に発展

 クララとエスターは、ユアンと元妻イヴ・マヴラキスとの間に誕生した娘。また、元夫妻には養子として迎え入れた2人の娘ジャミヤン(20)とアヌーク(10)もいる。そのため、ユアンにとっては、今回誕生したローリー君は5人目の子供となる。

 イヴと20年以上連れ添ってきたユアンだが、2017年にはドラマ『ファーゴ』の共演者だったメアリーとの熱愛が取り沙汰されるように。

 当時はメアリーにも夫がいたことから、既婚者2人の関係は叩かれた。

 しかし2017年には、メアリーが夫ライリー・スターンズと離婚。メアリーは、脚本家で映画監督のライリーと18歳のときに出会い、長い交際期間を経て結ばれたが、約7年で結婚生活に終止符が打たれることになった。

 一方のユアンも、2018年1月にイヴとの離婚を申請。養育費や親権をめぐって揉めに揉めたが、2020年に離婚が成立した。

◆父の不倫騒動に娘2人は怒り、悲しんだ

 ただ、ユアンやメアリーへの風当たりは強く、特にメアリーには「ユアンの家庭をぶっ壊した」と非難が集中。その状況に嫌気がさしたメアリーが、ユアンのもとを去ったと報じられたこともあった。

 また2人の関係が発覚した当初、クララは父ユアンを「クソ野郎」、メアリーのことを「クズ女」と発言し、その後謝罪。そしてエスターも、ギターを演奏しながら「私は彼を許せるか、わからない……」などと悲しげに歌う動画をインスタに投稿、父の不倫騒動に胸を痛めていることをうかがわせていた。

 世間や娘たちからの反発もあり、一時は破局説が浮上したユアンとメアリーだが、その後も関係は続行。最近まで、2人が一緒に街を歩く姿やキスしている現場も目撃されていた。しかし、メアリーの妊娠は公にされてなかったことから、今回の突然のオメデタ報告には驚きの声が広がっている。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>


関連リンク

  • 6/30 8:44
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます