関ジャニ∞横山裕の“きみちゃん鍋”イモトアヤコも「即パクリ」で急速ブームに?

拡大画像を見る

 関ジャニ∞の横山裕(40)が、6月26日放送の『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)に出演。ジャニーズメンバー絶賛の鍋料理レシピを紹介し、視聴者から大きな反響があった。

 今回の放送は2時間スペシャルで、MCを務める嵐の櫻井翔(39)は横山を「僕とはだいぶ長いつきあいになる」と紹介。スタジオに横山が登場すると、羽鳥慎一アナ(50)が「番組から横山さんにオファーした企画なんです」と、横山出演の経緯を説明した。

 その企画は、横山特製“きみちゃん鍋”のレシピを公開するというもので、実際に食べたことのある相葉雅紀(38)はVTRで、「きみちゃんって人が作った鍋」だと語り、横山の本名が「“裕”じゃないんですよ、“侯隆(きみたか)”なんですよ」と暴露した。

 そして、鍋について「むちゃくちゃウマいっすよ。たぶん、いろんな鍋屋さんがそれ見たら、嫉妬でワナワナしちゃうと思う」「好きな鍋、ナンバー1」と絶賛。しかし、味の説明を求められると、相葉は「とにかくおいしい。言えないっすよ」と言葉を濁した。

 続いて、ジャニーズWESTの藤井流星(27)も「めちゃくちゃおいしい。一生食べられる」「横山くんに店だしてほしい」と絶賛。しかし、スタッフが味について問うと、相葉同様に「ちょっと無理ですね」とコメントを拒否。ただ、ヒントとして「超危険です」とだけ語った。

■実は横山裕の弟の得意料理

 これに横山は「流星が言ったとおり、“一か八か”はある。その危険を冒してでも、食べたくなるんですよ」と説明。また、「僕、本名をオープンにしてないんですよ。相葉ちゃんが本名をオープンにするから、裕じゃなくて、きみちゃんになっている」と、相葉の暴露に苦言を呈していた。

 そして、“きみちゃん鍋”を作ることになった横山だが、自分は作ったことがなく、弟が作っていると告白。「実は弟からレシピも聞けてないんです。お恥ずかしい話、ケンカしてて」と、詳しいレシピがわからないと明かした。

 そして、横山は「爆発するんですよ」と苦笑いを浮かべると、「おいしい、簡単やし、病みつきになるんですよ。体にいいし」と、謎の自信をうかがわせ、下準備として新玉ねぎを薄くスライス。涙をポロポロ流して悶絶した。

 調理の工程は、大豆油約150ミリリットルを鍋の中に入れ、中火で2分ほど温めてちょっとだけ沸騰させる。そこにポン酢を大さじ2杯分入れるのだが、一気に入れると油が飛び散る危険性があるため、火を消して鍋肌からちょっとずつ入れるという。

 横山は「(熱くなった)ポン酢の水分が抜けて味が濃くなる」と説明しながら、爆弾処理のような緊張感の中、恐る恐るポン酢を追加。同様に白だしを小さじ1杯分入れ、弱火で再び加熱して鍋を煮立たせた。

 続いて、皿に玉ねぎスライスを敷き詰めたら、豚肉を鍋に投入。しゃぶしゃぶの要領でさっと火を通し、濃縮されたポン酢と白だしの風味をまとわせたら、玉ねぎスライスにのせる。そこにチーズを加えて混ぜたら出来上がり。

■横山裕の本名より話題に?

 自分で初めて作った“きみちゃん鍋”を試食すると、横山は「これです」「めっちゃうまい! やっぱり」と満足そうな笑顔を浮かべた。そして「油やから味せぇへんと思うじゃないですか。これ、めちゃくちゃ味するんですよ」と、自ら絶賛した。

 スタジオにも“きみちゃん鍋”が登場すると、横山が「口いっぱいに入れたほうがおいしい」とアドバイス。櫻井は口に入れた瞬間に「うまっ!」と驚き、ほかの出演者が「ウソでしょ」「リアクションが早かった」と疑ったが、試食すると「うまさが早い」「手の込んでる料理の感じ」などと、絶賛の声が続いた。

 これを見ていた視聴者はツイッター上で、横山の本名を話題にしていたが、“きみちゃん鍋”も話題に。「確かに、なんだこれって感じで、今まで食べたことない味だっ」「お肉にポン酢の香りがして玉ねぎが辛くていい感じにアクセントになる」などと、さっそく作ってみた人たちが称賛の声を相次いで寄せていた。

 また、タレントのイモトアヤコ(35)は自身のインスタグラムで、「テレビで観て気になり真似してみました」というコメントと、“#爆発要注意”、“#玉ねぎバクバク食べられる”、“#美味い”とハッシュタグを添え、きみちゃん鍋の写真を投稿していた。

 用意する食材の種類が少なく済み、手軽でおいしい“きみちゃん鍋”。今もステイホームが続いていることもあり、もしかしたら、一気にブームが来るかもしれない。

関連リンク

  • 6/30 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます