Snow Man「新語と新幹線事件」!4作連続ミリオンへ爆走する「J最高沸騰」現場

拡大画像を見る

 6月29日に『オリコン上半期ランキング2021』が発表され、CD、デジタル、ストリーミングの売上をポイント化した「合算シングルランキング」で、今年1月20日にリリースされたSnow Manの『Grandeur』が101.9万ポイントで1位を獲得した。

『Grandeur』は、CD単体でも2020年12月14日から2021年6月13日までの集計期間内に95.2万枚という驚異的なセールスを記録。2020年1月のSixTONESとの合同デビューシングル『D.D. / Imitation Rain』、同年10月の『KISSIN'MY LIPS/Stories』に続く3作連続ミリオン達成まで目前に迫っている。

「『Grandeur』は、初週売上で80.2万枚のセールスを記録していて、約5か月かけて数字を伸ばして、ミリオン間近に迫ってきました。この状況に“スノ担みんなで力を合わせてミリオンとりましょ~”“シングル3作連続ミリオンも絶対獲ろうね”といったSNSでの呼びかけも出てきています。

 発売から5か月経った現在でも『Grandeur』を追加で購入するファンの動きもネット上では見られ、追加でCDを購入する行為に“追いグラ”という単語が生まれるほどになっています」(女性誌ライター)

■7月14日には新曲リリース! 4作連続も……

『Grandeur』のセールスが注目される一方、7月14日にSnow Manはニューシングル『HELLO HELLO』の発売を控えている。

「“追いグラ”が続けば3作連続ミリオンも夢ではないですし、まだ発売前にもかかわらず“追いハロ予約したよ”“発売日に追いハロします”と新曲『HELLO HELLO』を複数購入しようとするファンの動きがすでにSNSで出ています。4作連続ミリオンも射程圏内に入っているのではないでしょうか」(前出の女性誌ライター)

 熱狂的なファンによって支えられているSnow Manだが、一方で良くない話も聞こえてくる。

「6月27日、Snow Man主演の舞台『滝沢歌舞伎ZERO 2021』が、愛知県名古屋市の御園座で千秋楽を迎えたのですが、公演後、名古屋駅ではメンバーを見送るために集まったと見られるファンが多数いて、狭い通路を埋め尽くす、駅にやってきたSnowManを追いかける、発車した新幹線を追いかけるといった行為をする人がいたといいます」(女性誌記者)

■トラブルはSnowManが熱い証拠?

 5月29日にグループの冠番組『それSnowManにやらせて下さい』(TBS系)の番組公式ツイッターアカウントが「それスノあるばむ」と題した、収録中のメンバーの写真を公開する企画を始めた際も、

「番組ツイッターアカウントでは、事前に“番組の動画や写真を許可なく投稿することは権利を侵害する違法行為となりますのでご注意下さい”と無断転載をやるめよう呼びかけていました。しかし、いざ企画がスタートするとその直後から投稿された写真の無断転載が相次いでしまったんです。

 これ以前にも、メンバーの向井康二(27)が連載を持っていた『アサヒカメラ』(朝日新聞出版)の編集部の公式ツイッターアカウントが記事の転載を注意するツイートをして話題を呼びかける出来事があり、ネット上でもSnow Manファンをめぐる騒ぎがありました」(前出の女性誌記者)

 トラブルに関しては、2018年9月にKing&Princeの出待ちファンが宮城県の仙台駅でメンバーの乗った新幹線に殺到し、発車が7分間遅れるというトラブルが発生。2019年5月には、一部の熱狂的なファンによる迷惑行為が原因でHey!Say!JUMPがツアー中止を発表する出来事もあった。

「Snow Manに限らずファンのトラブルは過去にもあり、ジャニーズ事務所としても頭の痛い話でしょう。もちろん一部に限った話ですが、今後より悪化するようなことがあれば、Snow Manもヘイセイのようにツアーが中止になるような大問題に発展しかねません。

 ただ、こうしたトラブルが起きるのもSnow Manのファンが盛り上がっているからこそ。ジャニーズで今一番熱いグループが、Snow Manである証拠とも言えるでしょうね」(前同)

 くれぐれも過熱にはご注意!

関連リンク

  • 6/30 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます