夏のボーナス、コロナの影響は?「大幅カットで16万円でした」「昨年ゼロだったのが45万円に」などの声

拡大画像を見る

まだ梅雨明け前のジメジメとした気候が続くなか、この時期ならではの話題といえば「夏のボーナス支給」についてではないだろうか。依然としてコロナ禍が続いてはいるものの、キャリコネニュース読者の投稿を見る限り、昨年のような大幅減の傾向にはなかった。都内在住の40代前半女性(事務・管理職/年収450万円)は、

「今夏のボーナスは昨年と同様、2.5か月分の65万円でした。コロナ禍で会社の売上が2割ほど落ちている中、満額もらえてほっとしました。しかし顧客が外食中心なので、将来的な不安は残ります。そのため例年は半分ほど使ってしまうとこころ、今年は貯金に回そうと思っています」

という声を寄せている。今回は40代の投稿を見ていこう。(文:鹿賀大資)

「昭和のマネーモデルを信じてはいけませんね」

北海道の40代後半女性(事務・管理職/年収500万円)は、夏のボーナスの支給額について「45万円です」と明かす。とはいえ昨年は、新型コロナの影響もあってか「0円でした」といい、「ボーナスはないものとして生きる必要を感じています」という。また、

「出ないよりはマシですが、社会保険料が痛すぎます。会社に頼るだけでなく、ボーナスや退職金にも頼る昭和のマネーモデルを信じてはいけませんね」

とも述べていた。

福岡県に住む40代前半男性(企画・マーケティング・経営・管理職/年収650万円)の今夏のボーナス支給額は、70万円。昨年の80万円から微減しており、その理由について「コロナ禍に関係なく業績悪化のため、一定割合でカットされることになった」という。生活面での影響については「住宅ローンなどの支払額は変わらないので大変」ともらしている。

「明細書に『もらえるだけありがたいんだから感謝しろよ』的なコメントが添えられていた」

埼玉県の40代前半男性(素材・化学・食品・医薬品技術職/年収700万円)は「今年は106万円」と述べ、昨年の寸志10万円から大幅増。もっとも昨年は転職したばかりだったという事情もあり、男性自身も「大変だった」と振り返る。1年頑張って続けたことで満額支給となり、「ローン関係の支払いにも余裕ができた」と書いている。

「年俸制なので本来ボーナスはありません」と語るのは、都内に住む40代前半男性(建築・土木技術職/年収550万円)。それでも前述の寸志と同じような感じで、特別報酬的に16万円が支給されたが、

「例年よりは大幅カット。さらに明細書に『もらえるだけありがたいんだから感謝しろよ』的なコメントが添えられていた」

とのことだ。せっかく支給するのであれば、気持ちよくわたして欲しいといったところか。

ほかには

「5万円アップの60万円でした。経営者が見栄っ張りなので、業績はギリギリでも昇給してくれます。本当に珍しい会社で助かるけど、先行きはもの凄く不安。細く長く経営していって欲しいですね」(40代後半女性/埼玉県/専門職/年収550万円)

といった声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「夏のボーナスいくらですか?」のほか職場で起きた窃盗事件共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

関連リンク

  • 6/30 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • マリン

    7/2 9:27

    経営の立場から言えば、ボーナスが出るのは本当にありがたい事なのでは。これだけ緊急事態宣言が重なれば大変ですよ。

記事の無断転載を禁じます