城桧吏 明るい現場の秘けつはスベリギャグ!?「明るい現場にできるように」

拡大画像を見る

 「万引き家族」でカンヌ国際映画祭を沸かせた俳優の城桧吏(14)が29日、都内で行われた主演映画「都会のトム&ソーヤ」(7月30日公開)の完成披露試写会に登場した。

 サバイバル能力を持つ内藤内人(城)と御曹司の竜王創也(酒井大地)の中学生コンビが、街を舞台にした謎解きゲームに挑む人気児童小説の映画化。

 撮影時より10センチ以上背が伸びた城は、初主演を「明るい現場にできるようにギャグを言って盛り上げたりしました」と振り返った。酒井と変顔をするなど笑いを振りまいたと説明したが、共演の渡邉心結(13)は「ほとんどスベって笑わせてました」と暴露。城も酒井も苦笑いだった。

 男性キャラクター役のももいろクローバーZ・玉井詩織(26)は「すごく悩みましたし、個性が強かった。監督と相談しながら、普段の声のトーンより落としてしゃべるようにしました」と、役作りを明かした。

関連リンク

  • 6/30 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます