延長か退団か…去就注目のC・ロナウド代理人がユーヴェと話し合いへ

拡大画像を見る

 ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏が去就についてクラブとの階段に臨むようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 C・ロナウドは2022年6月末で現行契約が満了する。36歳になったが昨シーズンも公式戦44試合に出場し36ゴール4アシストと驚異的な成績を残し最前線で戦い続ける同選手は移籍が報じられている。

 高額な給与がネックとなり獲得に動くことのできるクラブは少ないと見られているが、C・ロナウドは今夏にも退団の可能性が浮上しているようだ。同紙によると、今夏での退団を含めメンデス氏が数日中にもクラブとの話し合いに臨むという。

 5月にはポルトガル復帰の噂を否定したばかりのメンデス氏。ユヴェントスはオファーがあれば売却に前向きな姿勢を見せているようだがこれまで正式なオファーは届いていないという。これまでも古巣マンチェスター・Uやレアル・マドリード復帰など移籍に関するうわさが流れている同選手。“ビッグディール”が成立するか注目が集まっている。

関連リンク

  • 6/29 22:09
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます