夫婦映画おすすめ5選!夫婦の数だけ違った愛の形を発見できる!【洋画】

拡大画像を見る

苦楽を共にして年老いていく夫婦。そんな夫婦を題材にした映画は、2人の絆や愛の形にほっこりしたり、添い遂げる難しさを痛感してほろ苦い気持ちになったり、様々な感情を引き出してくれます。この記事では、夫婦が主人公の洋画を5作品ご紹介します。

それぞれ違った魅力を持った夫婦が登場する映画を楽しもう!

夫婦がテーマの映画は、何気ない日常を切り取り「何の変哲もない毎日が幸せ」であることに気づかせてくれる日常映画や、大きな問題に立ち向かうヒューマンドラマ映画など様々。しかし、夫婦とは必ずしもいいことばかりではありません。時には対立し、離婚に発展することもあります。

今回は、「夫婦っていいな」「パートナーを大切にしよう」と思えるハートフルな作品から、「結婚って大変そう」と思ってしまうシリアスな作品を5つ選出しました。結婚願望がある人、パートナーへの愛を再確認したい人におすすめの作品です。それでは早速見ていきましょう!

『パターソン』(2016)

パターソン

パターソン

2016年/フランス=ドイツ=アメリカ/118分

作品情報 / レビューはこちら

評価:Filmarks★3.8/5.0
視聴方法:FOD/Amazon Prime Video ほか
吹き替え/字幕:両方あり

ユーモアと優しさが詰まった1週間をオフビートで送る夫婦の日常映画!

キャスト情報

パターソン役:アダム・ドライバー
ローラ役:ゴルシフテ・ファラハニ
ドク役:バリー・シャバカ・ヘンリー ほか

あらすじ

バス運転手のパターソンの日常は、朝起きて愛する妻・ローラへのキスから始まります。

勤務中にふと浮かんだ詩をノートに書き留め、帰宅後はローラと夕食をとり、愛犬の散歩にバーで1杯だけ飲み、ローラの隣で眠りにつく、そんな毎日の繰り返しです。

しかし、ユニークな人たちとの会話や思いがけない出会いを境に、繰り返す日々が少しづつ変わっていき……。

おすすめポイント

『パターソン』では、長年連れ添った夫婦の何気ない日常を描いています。

「仕事や育児に追われて、毎日同じことを繰り返し」と感じている人も多いのではないでしょうか。当たり前になっている夫婦時間、同僚との会話、愛犬との散歩など、ささやかな出来事がかけがえのない瞬間であることに気づかせてくれます。

忙しい日々を過ごしている人にこそ、ホッと一息つきながら観ていただきたい作品です。

『リリーのすべて』(2016)

リリーのすべて

リリーのすべて

2015年/イギリス ドイツ アメリカ/120分

作品情報 / レビューはこちら

評価:Filmakers★4.0/5.0
賞の受賞歴:「第88回アカデミー賞」助演女優賞
原作情報:デイヴィッド・エバーショフ『リリーのすべて』
視聴方法:Netflix/U-NEXT ほか
吹き替え/字幕:両方あり

「女性として生きたい」と願う夫を、無償の愛で支える妻の姿を描いた伝記映画!

キャスト情報

リリー・エルベ役:エディ・レッドメイン
ゲルダ役:アリシア・ヴィキャンデル
ヘンリク役:ベン・ウィショー ほか

あらすじ

1926年、世の中が性の多様性に寛大ではなかった頃のコペンハーゲン。妻・ゲルタから頼まれて肖像画の女性モデルを引き受けたアイナーは、自分の内側に潜む女性の存在に気づきます。

それからというもの、アイナーは「リリー」と名乗り、女性の服や仕草を意識するように。しかし、心と体の不一致に苦悩を深めていき……。

おすすめポイント

世界で初めて「性別適合手術」をした人物の半生に迫った作品です。性同一性障害の旦那に寄り添い続ける妻との絆は、どんな状況でも夫婦が手を取り合って生きる美しさを映し出しています。

画家夫婦を描いた『リリーのすべて』では、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を模倣した衣装や、フェルメール・ブルーのドレスが登場。近代絵画のオマージュが盛り込まれているため、アートファンは別の視点でも作品を楽しめるでしょう。

『トゥルー・ロマンス』(1994)

トゥルー・ロマンス

トゥルー・ロマンス

1993年/アメリカ/121分

作品情報 / レビューはこちら

評価:Filmarks★3.9/5.0
吹き替え/字幕:両方あり

マフィアと警察から逃げる夫婦の愛と暴力と麻薬で溢れるロードムービー!

キャスト情報

クラレンス役:クリスチャン・スレイター
アラバマ役:パトリシア・アークエット
クリフォード役:デニス・ホッパー ほか

あらすじ

手違いでドラッグ入りのスーツケースを持ち帰ってしまったクラレンスとアラバマ。2人は、ロサンゼルスで麻薬を売りさばき、新生活を始めるという危険な賭けに出ることにします。

しかし、持ち主であるマフィアから目をつけられ、終いには警察からも追われる身となってしまい……。

おすすめポイント

出会った翌日、衝動的に結婚をしてしまう常識外れな夫婦が登場。

特に注目したいのは、妻・アラバマです。彼女は、結婚してすぐに「クラレンス命」のタトゥーを掘るほど、夫への情熱的な愛を爆発させています。夫のためなら命をしまず、一人でマフィアに立ち向かっていくほど。

本作の脚本を手掛けたのは、バイオレンス映画界の重鎮クエンティン・タランティーノ。容赦ないバイオレンスアクション求めている方は、特におすすめです。

『アメリカン・スプレンダー』(2004)

アメリカン・スプレンダー

アメリカン・スプレンダー

2003年/アメリカ/101分

作品情報 / レビューはこちら

評価:Filmarks★3.5/5.0
受賞歴:「第19回サンダンス映画祭」グランプリ
原作情報:ハービー・ピーカー ジョイス・ブラブナー『アメリカン・スプレンダー』
吹き替え/字幕:両方あり

実在する「ハゲで肥満体質な、性格ひねくれオヤジ」の半生を描いた日常映画!

キャスト情報

ハーヴィー・ピーカー役:ポール・ジアマッティ
ジョイス・ブラブナー役:ホープ・デイヴィス
ロバート・クラム役:ジェームズ・アーバニアク ほか

あらすじ

冴えない外見をしているハーヴィー・ピーカーは、不器用で何をしてもうまくいかず、毎日退屈していました。

ある日、自分のパッとしない日常をコミックにしよう思い、友人ロバート・クラムと共に、「アメリカン・スプレンダー」を創刊します。すると瞬く間に評判を集め、ハーヴィ―の元へ少し変わった女性ジョイスが現れます。2人は結婚をするのですが……。

おすすめポイント

変わり者でもたった一人、自分を理解してくれる人がいれば「人生は素晴らしい」と気づかせてくれる作品です。主人公のハーヴィーは、いつも不機嫌で髪の毛は薄い。お腹も出ていていいとこなし。

しかし、非モテだったはずのハーヴィーは、コミックが売れたおかげでジョイスと結婚し、人生が大きく変わっていきます。変わり者同士が夫婦となり、心から互いを必要とし信頼し合う姿は、まさに夫婦の鑑です。

『マリッジ・ストーリー』(2019)

マリッジ・ストーリー

マリッジ・ストーリー

2019年/アメリカ/135分

作品情報 / レビューはこちら

評価:Filmarks★4.0/5.0
賞の受賞歴:「第92回アカデミー賞」助演女優賞
視聴方法:Netflix
吹き替え/字幕:両方あり

いつしかすれ違うようになってしまった夫婦の離婚までを描いたヒューマンドラマ映画!

キャスト情報

ニコール役:スカーレット・ヨハンソン
チャーリー役:アダム・ドライバー
ノラ役:ローラ・ダーン ほか

あらすじ

女優のニコールと監督兼脚本家のチャーリーには、愛する一人息子がいます。3人で仲睦まじい家庭を築いていたものの、次第にすれ違うようになり離婚を決意。

円満な協議離婚をするつもりが、蓄積された不満が爆発してしまいます。
2人は弁護士を雇って争うことになるのですが……。

おすすめポイント

妻と夫、それぞれの視点で「すれ違っていく結婚生活」から「離婚」までを描いている本作は、観ているだけで離婚を体験している気分になるリアルな演技が印象的。

実は、ニコール役のスカーレット・ヨハンソン、離婚弁護士役のローラ・ダーン、監督のノア・バームバックは、離婚経験者。また、チャーリー役のアダム・ドライバーは、両親が離婚をしています。彼らの実際の経験やアイデアを脚本に盛り込んだそうで、役者と監督の密な意見交換が、現実味の強い作品に仕立て上げたと言えそうです。

パートナーへの愛を再確認できる夫婦映画を堪能しよう!

この記事では、夫婦をテーマにした映画を5作品ご紹介しました。

パートナーとの関係性や家族のあり方は、人それぞれ。答えがないからこそ、悩んでしまうこともありますよね。そんな時、夫婦をテーマにした映画を観てみると、意外なヒントを得られるかもしれません。ぜひ気になる作品はチェックしてみてくださいね!

関連リンク

  • 6/28 21:28
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます