C・パレス、新監督にアーセナルOBのヴィエラ氏招へいか…12月までニース指揮

拡大画像を見る

 クリスタル・パレスは、新監督にパトリック・ヴィエラ氏を招へいすることになりそうだ。29日、イギリスメディア『アスレティック』が報じた。

 クリスタル・パレスは2017年9月からチームを率いてきたロイ・ホジソン前監督が2020-21シーズン限りで退任。後任候補にフランク・ランパード氏(元チェルシー)やルシアン・ファーヴル氏(元ドルトムント)、ヌーノ・エスピリト・サント(元ウルヴァーハンプトン)らの名前が挙げられてきたが、新監督未定の状態が続いていた。

 そんななか、クリスタル・パレスはヴィエラ氏と基本合意に達した模様。報道によると、現在は労働許可証の手続きが進められており、決定にはもう少し時間を要する見込みだ。

 現在45歳のヴィエラ氏は現役時代、アーセナルやユヴェントス、インテル、マンチェスター・Cなどでプレー。アーセナル時代の2003-04シーズンにはプレミアリーグ無敗優勝を果たした。

 2011年の現役引退後、マンチェスター・Cの下部組織にてマネージャーやリザーブチームの監督を務め、2016年からはニューヨーク・シティを指揮。2018年夏からはニースを率いていたものの、成績不振により昨年12月に解任されていた。以降はフリーが続いている。

関連リンク

  • 6/29 21:13
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます