カフェでお喋りしていたら… 見知らぬ中年女性の『発言』に、夫婦は涙をこらえた

拡大画像を見る

3歳の息子さんとの日常を、育児漫画として描き、Instagramに投稿しているホニャララゆい(honyararayui)さん。

ある日、夫婦でカフェを利用した際に起きた出来事を漫画にしました。

夫婦水入らずで、カフェでおしゃべりをしていた、投稿者さん夫婦。すると、隣にいた見知らぬ中年女性が声をかけてきて…。

女性には、就職や結婚で親元を離れた子供がいました。

子育て期間中に起きたかけがえのない思い出を振り返り、「今になって、もっとかわいがってあげたらよかったと思う」とつぶやく女性。

きっと、子供が大人になって親元を離れたからこそ、気付けたことや感慨深いものがあるのでしょう。

投稿者さんは、女性の話を聞きながら、自分が親元を離れた時の思い出や我が子の将来を想像し、泣きそうになってしまったそうです。

エピソードに対し、読者からは「グッときた」「これは泣いてしまう」「その通り。子育ては大変だけど、あっという間に過ぎる」といった声が続々と寄せられました。

親子としてともに過ごせる時間は、永遠に続くものではありません。一緒にいられる日々の尊さをかみしめつつ、大切に過ごしていきたいですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 honyararayui

関連リンク

  • 6/29 18:25
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます