イ・ビョンホン×ハ・ジョンウ初共演『白頭山大噴火』2021年夏公開 ティザービジュアル解禁

 俳優のイ・ビョンホンとハ・ジョンウが初共演し、韓国で観客動員数820万人超えの大ヒットを記録した映画『白頭山(原題)』が、邦題を『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』とし、2021年夏に全国公開されることが決定。併せてティザービジュアルが解禁された。

 北朝鮮と中国の国境付近に位置する朝鮮半島一の高峰で、1000年に一度大噴火を起こすといわれる実在の山・白頭山が、もし大規模噴火を起こしたら、朝鮮半島はどうなってしまうのか? 本作は、そんな大胆な発想で描いた韓国映画初の本格ディザスター・ムービー。

 愛する家族を守るため、北朝鮮へ潜入し命がけの任務に就く韓国軍爆発物処理班チョ・インチャンを演じるのは、『神と共に』シリーズなどのハ・ジョンウ。そして作戦のカギを握る工作員リ・ジュンピョンにイ・ビョンホンがふんし、デビュー以来初めて北朝鮮側の人物を演じる。大噴火を予見する地質学者カンには、『新感染 ファイナル・エクスプレス』で日本でも大ブレークしたマ・ドンソク。さらに、『名もなき野良犬の輪舞』などで卓越した演技力を発揮するチョン・ヘジン、『建築学概論』が日本でも大ヒットした元missAのペ・スジなど演技派俳優が集結した。

 監督は、『彼とわたしの漂流日記』のイ・ヘジュンと『神と共に』シリーズの撮影監督を務めたキム・ビョンソがタッグを組んだ。制作には『パラサイト 半地下の家族』や『神と共に』シリーズなどのデクスタースタジオが参加している。

 白頭山で観測史上最大の噴火が発生した。大地震が起き、ソウルでもビルは倒壊し、漢江は荒れ、陸橋は崩壊。未曾有の事態に朝鮮半島は大パニックに陥る。史上最悪の災害を止めるため、政府は白頭山の地質分野の権威である大学教授カン(マ・ドンソク)に協力を要請。カンは半島を崩壊させるほどのさらなる大噴火が起こることを予測する。

 タイムリミットは75時間。韓国軍爆発物処理班の大尉チョ・インチャン(ハ・ジョンウ)は部隊を率いて北朝鮮へ潜入し、火山の鎮静化を図る秘密作戦を実行に移す。そのためにはまず作戦成功のカギを握る北朝鮮・人民武力部の工作員リ・ジュンピョン(イ・ビョンホン)を見つけ出し、次の大規模噴火を何としても食い止めなければならない。果たして彼らは、朝鮮半島の崩壊を阻止することが出来るのか?

 ティザービジュアルでは、“半島が崩壊する”というコピーとともに、火の粉が舞う中、本作で初共演となるイ・ビョンホンとハ・ジョンウが並び立っている。

 映画『白頭山大噴火』は、2021年夏全国公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 12/18 17:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます