コロナ禍で“肌荒れループ”を感じる人が増加、『ザーネクリーム』で悩みを解決


エーザイは、肌荒れに悩む女性を対象に調査を実施。その結果、“肌荒れループ”に悩む人が多いことなどがわかったという。

コロナ禍で肌質が変化


25~49歳の肌荒れの悩みがあり、ドラッグストアなどで市販されているケアアイテムを購入したことがある女性1,000名に対して、新型コロナウイルス感染症流行前と流行後(2020年1月~2021年4月)の肌質の変化を聞いた結果、46.9%の人が「肌質が変わった」と回答した。


肌荒れを感じる部位は、「顔(頬・口周り・あご周り)」が67.7%、「手」が65.2%、「足・かかと」が30.5%。特にマスク着用部位と重なる「顔」は新型コロナウイルス感染流行前と比べて1.35倍、手洗い・消毒頻度が増えた「手」は1.23倍と増加が顕著となった。

“肌荒れループ”を7割超が実感


また、顔や手に肌荒れがありケアをしている人に、肌荒れの繰り返しやすさについて聞くと、「顔(マスク部位)」は80.4%、「手」は72.1%と、多くの人が、一時的に肌荒れの症状が治っても、また肌荒れを繰り返してしまう“肌荒れループ”を感じていることがわかった。

肌荒れへの対処に悩み


さらに「血行不良が肌荒れを起こしやすくなる/長引かせる原因になると思うか」を聞くと、88.6%が「思う」と回答。

一方、「顔(マスク部位)」のケアをしている人の72.9%、「手」のケアをしている人の62.5%が、「現在のケア方法では求める効果・成果を得られていない」と回答しており、コロナ禍における肌荒れへの対処に悩む人も多い様子がうかがえる。

天然型ビタミンE配合『ザーネクリーム』


エーザイでは、天然型ビタミンE配合の薬用保湿クリーム『ザーネクリーム』(医薬部外品、販売名『ザーネクリームE』)を販売。同社は、日本で初めてビタミンE開発を手掛けた製薬会社だ。


『ザーネクリーム』は、天然型ビタミンEのチカラで肌の血行を促進し、必要な栄養素を届け、ターンオーバーを整えることで、肌をすこやかに保つ。しっとりが続くのにベタつかず、塗ってすぐPC・スマートフォン操作や家事ができる。

肌の刺激に配慮した処方設計で、香りもマイルド。就寝前のケアや、紫外線が気になる首もとやデコルテに伸ばすのもおすすめだ。


価格は、チューブタイプ48g/748円(税込)・ジャータイプ100g/1,210円(税込)。

“肌荒れループ”で悩んでいる人は、『ザーネクリーム』をチェックしてみては。

画像をもっと見る

  • 6/29 15:21
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます