【必見】彼氏とのケンカを避けて話し合うためのコツ4選って?

拡大画像を見る

 付き合っているのであれば、意見がぶつかってしまうということもありますよね。ケンカをしたくないからといって、意見がぶつかったとしても我慢してしまうカップルもいるようです。  ケンカをすることなく、意見をすり合わせることができるのでしょうか。 今回は、彼氏とのケンカを避けて話し合うコツについて、ご紹介していきます。ケンカが多かったり、意見を我慢している方は、意識するようにしてみてください。 


彼の気持ちを聞くようにする

彼の意見を聞いたときに、「おかしい」「意味が分からない」などと、頭ごなしに彼のことを否定してしまうのは、いけないことだと分かっているけど、否定してしまうということもあるのではないでしょうか。   否定してしまう前に、彼の気持ちを理解するようにしてみてください。考えて分からなかった場合は、彼に直接気持ちを聞いてみてもいいようです。話をしているうちに、彼も落ち着いてくるでしょう。 


要望を分かりやすく伝える

悲しくなっているときや、怒ってしまっているときなど、相手にも気持ちを分かってほしいと感じるのではないでしょうか。 何に対して悲しくなって、何に対して怒っているのかを言葉にしなければ、相手に対して話が伝わりません。 「どうして分かってくれないの」などとイライラしてしまう前に、要望を言葉にして伝えるように意識してみましょう。理由も一緒に伝えると、相手も言葉を理解して受け入れてくれるはずです。  


指示するのではなくお願いをする

彼に対して何かを要求しているときは、良い方にも注意が必要となっています。「私もやるからあなたもやって」などのような言い方では、一方的に決まり事を押しつけている印象になってしまいます。 「あなたにこれをしてほしい。私もこれをするようにするから」などと、相手に対して依頼をするような形で伝えてみてください。 


なるべく早く謝る

意見がぶつかってしまうと、どちらが正しいのか白黒つけようとして、スピードアップしてしまいがちです。 どちらが正しいのかというのは関係なく、自分も相手も気分が悪くなっているので、「気分を悪くさせてしまってごめん」などと、伝えるようにしてみてください。一旦頭を冷やすと、お互いに冷静になって話し合いができるでしょう。  


まとめ

育った環境だったり、価値観も違っているので、意見が食い違うのも当然です。お互いのことをもっと知ろうという姿勢が大事なので、冷静になることを意識しましょう。 (ハウコレ編集部)    

関連リンク

  • 6/29 15:16
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます