「お前にはなんでも話せるわー」男性がどうでもいい女性にだけ話すこと

拡大画像を見る

男性は本命女性とそうでない女性には全く異なる態度になります。その中でも、どうでもいい女性にしか話さないことをご紹介します。


本命女性の相談

男性はどうでもいいと思っている女性に本命女性の相談をすることもあります。それは、あなたが自分に好意があると彼本人がわかっていない場合と、あなたが自分に好意があるのをわかっていて脈ナシだと伝えたい場合と二つがあります。前者だと、思い切って彼に告白すると、相手も意識し始めるパターンもあります。後者だと残念ながら彼の気持ちをあなたに向けるのは難しいかもしれません。


過激な下ネタ

男性は本命女性に嫌われたり、ドン引きされたくないのため、決して下ネタは言いません。しかし、仲のいい友人と思っている女性のことは同性のように思っているので、気軽に下ネタを話してくるのです。そんなときは「下ネタは好きじゃないから止めて」と言えば、きっと彼にも伝わるでしょう。それでも過激な下ネタを繰り返してくる場合は、あなたのことは友人と思っているのかもしれません。


見た目の悪口

本命女性には、自分が人を悪く言っている姿なんて見せたくないですよね。人の悪口を言ってくるのはあなたを異性として見てない可能性が高いといえます。そんなときは「人は中身が大事だよ~」と軽く助言してあげると、彼も我に返るかもしれませんね。


八つ当たりをしてくる

男性は本当に好きな女性にイライラしたり、怒ってくることは滅多にありません。すぐに怒ったりせず、話し合いを持ちかけたりするもの。まして、八つ当たりをしてくるのはどうでもいいと思われている証でもあります。彼はいつも怒ってる、イライラを出してくる...と思い当たることがあれば、早いうちに決断する必要があるかもしれませんね...。
いかがでしたか?彼が当てはまるかチェックしてみてくださいね!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/29 13:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます