動画配信サービス戦国時代、dTVが魅力あるコンテンツで攻勢

様々な分野に広がる、定額で一定期間使い放題のサブスクリプションサービス。中でも手軽さとコンテンツの豊富さ、コスパの良さで勢いを増しているのが映画やドラマが見放題となる動画配信サービスだ。


この分野では海外のサービスが大きなシェアを持っているイメージも強いが、dTVがこの状況を打破する攻勢を仕掛けている。


まずその売りは550円(税込)という他社サービスと比較しても安いワンコイン価格で、映画やドラマ、アニメに音楽といった約12万作品が見放題となる圧倒的なコスパの良さ。言うまでもないが、ドコモの提供するdTVはドコモ以外のキャリアでも楽しむことができる。さらに、音楽コンテンツが他社と比べて10倍以上と豊富なうえに、今年5月末からはライブジャンルが追加となっている。


皮切りの有料ライブは、5月29 日(土)に行われた「GLAY」のステージ。続く6月19 日(土)には「HKT48」の宮脇咲良の卒業コンサートを国内独占配信など、強力なラインナップが続き、今後も様々なライブステージの配信予定と、ライブアーカイブコンテンツの拡充にも取り組んでいる。


また、dTVオリジナルコンテンツの豊富さからも目が離せない。

6月25日(金)からは、近未来の恋愛観を鋭く描くKis-My-Ft2出演dTVオリジナルドラマ「ConneXion」が配信開始。


6月15 日(火)からは、きゃりーぱみゅぱみゅとBose(スチャダラパー)が番組MCを務め、毎回様々なアーティストやタレントをゲストに、音楽シーンの最新トレンドを中心にバラエティに富んだエンタメ情報を生配信するオリジナル番組、『dTV Presents KPP と Bose みんなの放課後』の無料配信開始など注目の作品が続く。

(※第1、3火曜日の月2回無料配信)


もちろんアニメ作品も圧巻のラインナップとなっており、放送中のテレビアニメ見逃し配信も放送直後からの最速配信。嬉しいことにdTVでしか見られないスピンオフ作品の配信などファンならずとも見逃せないコンテンツが取り揃えられている。


毎月2000タイトル以上の新着動画があり、音楽やドラマはもちろん、アニメや懐かしの映画も豊富で家族と一緒に550円(税込)というワンコインで楽しめるdTV。


初回の方は初月無料となっているため、このタイミングにdTVのある暮らしをスタートさせてみてはいかがだろうか。




関連リンク

  • 6/29 12:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます