“YouTuber31人宴会”コムドット、動画で謝罪「どこかで調子に乗っていた」7月より投稿再開へ

【モデルプレス=2021/06/29】“地元ノリを全国へ”“放課後の延長”というスローガンを掲げ活動している5人組若手YouTuberグループ・コムドットが28日、YouTubeチャンネルを更新。連日報道されているYouTuber同士の31人の宴会にメンバーのやまととひゅうがが参加していたことについて、改めて謝罪を行った。

◆コムドット、謝罪

リーダーであるやまととメンバーのひゅうがが24日、緊急事態宣言下の都内飲食店にて行われたYouTuber・あやなんの誕生日パーティーに出席したことが報じられたコムドット。これを受け、グループのTwitterでは謝罪文を投稿し、2018年10月のチャンネル始動以来絶えず続いていた毎日投稿を一度休止することを発表していた。

動画の冒頭では、やまとが「まず初めに緊急事態宣言下における僕たちの不適切な行動によりたくさんの方にご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ありませんでした」と謝罪し、宴会に参加した理由について「お世話になっている先輩のお誕生日会ということもありまして、純粋にお祝いしたいという気持ちで参加してしまいました」と説明。

また、謝罪の動画がこのタイミングとなったのは「今回の騒動は僕たちが思っている以上に大きくてすぐに全体を捉えることができませんでした」と明かし「遅くなってしまい申し訳ありませんでした」とゆうたが謝罪した。

◆コムドット、3月ぶり2度目の宴会報道

今年3月の緊急事態宣言下にも、YouTuber同士での飲み会の様子をSNSに投稿し謝罪を行っていたコムドット。

2度目の宴会報道となったことについて、ひゅうがは「これに関しては完全に意識がめちゃくちゃ低かったなと思っていて、あと完全にYouTube自体調子が良かったため、心のどこかで調子に乗っていたんだなと思っています」と胸の内を明かし「信じて付いてきてくれたファンの方々を裏切ってしまう形となって本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

2人とともに宴会に参加したと報じられていたマネージャー・ぼんも登場し「本来ならば止めるべき立場のマネージャーが会に参加してしまったこと、本当にありえないと思っています。これからまたコムドットを支えられるようなマネージャーになっていけるよう努力していくのでどうか温かい目で見守ってくださるとありがたいです」と語った。

◆コムドット・やまと「裏切る行為だった」

動画の最後にはメンバーそれぞれが謝罪の言葉を述べた。

やまとは「ファンの方が僕のことを正面から本気で怒ってくれる、叱ってくれるメッセージがたくさんあって本当に有難いなと思いました」とファンからの意見に感謝し「自分たちがここまで来れたのはファンの皆様のおかげだったのは重々承知だったんですけど、自分たちの今回の行為はそれを裏切る行為だったと深く反省しております」と思いを示した。

動画投稿は7月1日より再開する予定だとし「多くの人に影響を与えるクリエイターだということを自覚し自分たちの行動を話し合いながらチームで真摯にYouTube活動を続けていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします」と呼びかけた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 6/29 11:03
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます