Snow Man、名古屋駅にファン殺到で一般客「ジャニーズ嫌いになった」! 『滝沢歌舞伎』千秋楽で“見送り”行為が暴走

拡大画像を見る

 6月27日、Snow Manが主演を務める舞台『滝沢歌舞伎ZERO2021』が、愛知県・名古屋市の御園座で千秋楽を迎えた。公演終了後の同日夜、名古屋駅ではメンバーを見送るために集まったとみられるジャニーズファンの姿が目撃され、一般客を巻き込む騒ぎになっていた。

 『滝沢歌舞伎ZERO2021』は4~5月の東京・新橋演舞場公演を経て、御園座では6月2日に幕が開き、27日午後5時30分開演の回をもって全ステージが終了。Snow Manメンバーはすぐに新幹線で帰京したようだが、同時間帯の名古屋駅は、彼らを一目見ようとファンが殺到していたという。

 一般の駅利用者と思しきTwitterユーザー複数名が、「帰りの名古屋駅でめっちゃ腹立った! ジャニーズファンが狭い通路を埋め尽くしてタレントの見送り。タレントを追いかけて数十人がダッシュしていて、ジャニーズが一気に嫌いになった」「名古屋駅に女の子たちの集団。叫び声が響いていて、泣いてるし、飛び跳ねてるし、何事かと思ったらSnow Manの出待ちをしてた様子」「名古屋駅で出待ちを見かけたので調べてみたら、『滝沢歌舞伎』だったのね。結構人がいた。発車している新幹線を追いかけて走っちゃダメだよ」「名古屋駅、Snow Manが来た瞬間に走り出すし、みんなスマートフォンで写真を撮り出す。泣き叫ぶ人もいて、一般の人が迷惑してた」などと、困惑の様子で現場状況を投稿していた。

「駅付近に居合わせたジャニーズファンからも、『改札入り口、改札内など人がスゴかった。何度も「柵から離れて」とアナウンスされていて、マナー悪かった』『名古屋駅に友人を送った後、ホテルまで歩いている途中で爆走してる女子をたくさん目撃した。一般の方の迷惑だな~なんて思っていたら、公演の感動はどこかに飛んでしまった』といったレポートも上がっていました。大勢のファンによる暴走があったのは間違いないようです」(ジャニーズに詳しい記者)

 ジャニーズファンによるタレントの入待ち・出待ちなどの行為は、数年前から大きな問題になっており、ジャニーズ事務所も再三にわたって警告してきた。例えば、King&Princeが2018年9月に宮城公演を行った際も、多くのファンが仙台駅に集まった結果、新幹線の出発が遅れるほど大混雑。同25日放送の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、現場の混乱ぶりが伝わる視聴者提供の動画が放送され、ネット上で批判を浴びることに。

 その後、ジャニーズサイドは同28日に公式サイトを更新し、「King&Prince宮城公演 公共交通機関マナーに関して」と題したお知らせをアップ。新幹線の遅延について触れるとともに、「駅構内でタレントの進路を妨害する行為」「一般の乗降客の方々の乗車を妨げる行為」といった具体的な注意点を記した上で、マナー違反や法律に触れる行為が発覚した時は、ファンクラブの「会員資格を喪失」する場合もあると、苦言を呈した。

 また、Hey!Say!JUMPも同様に、地方コンサートでの一部ファンの過激な行動に悩まされ、活動に大きな影響が出たグループだ。17年8月、メンバーの八乙女光が公式携帯サイト・Johnny's web内のブログで「そのうちに、ジャンプのライブの移動は危ないからって警告を受けて、まだまだ行きたい場所も行けなくなると思う」などと、吐露。しかし状況は変わらなかったのか、翌年10月にも公演先の新潟から東京に帰ったところ、「マナーの悪い人が多かった」「正直、去年よりもひどかったです」と明かしていた。

「こうした事態が続いた末、八乙女は18年11月12日更新のブログで『昨日はバスで帰って身体痛い』と、コンサートの移動が新幹線ではなくバスに変わったことを告白しています。しかし、19年には『ツアー移動時に一般のお客様に対して多大なご迷惑をお掛けする状況が改善に至らなかった』として、Hey!Say!JUMPはアリーナ会場でのコンサート開催を見送ると発表。全国各地での開催を望むJUMPメンバーにとっても、苦渋の決断だったと説明していました」(同)

 これらの事例があったにもかかわらず、Snow Manの地方公演においても、一部のジャニーズファンが一般客に迷惑をかけることに。マナーを守っているであろう良識的なファンからは、「出待ちする人の気が知れないし、公共の場で泣き叫ぶとか論外。大好きなSnow Manを悲しませてどうするの?」「駅で出待ちとか本当に恥ずかしい。そんなことしたら、舞台やライブで名古屋に来れなくなるかもしれないのに……」「一部ファンの過激な行動で、『Snow Manファンはこれだから』とか言われるのはホントに嫌」などと、あきれた反応が上がっている。

 地方公演の機会を減らさないためにも、メンバーや事務所を困らせるような行為は控えてほしいものだ。

  • 6/29 8:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます