谷原章介のせい?「アタック25」46年の歴史に幕が下ろされることに惜しむ声

拡大画像を見る

 故・児玉清さんの「アタックチャンス!」の掛け声で親しまれてきた老舗クイズ番組「パネルクイズ アタック25」(テレビ朝日系)が、9月末をもってレギュラー放送を終了するという。

 1975年4月にスタートしたこの番組。お笑いコンビ・博多華丸大吉の2人が現在「あさイチ」(NHK)でMCを務めているのも、きっかけはこの番組での児玉さんのモノマネ芸で華丸がブレイクしたからと言えるだろう。

「ネット上には『どうして辞めちゃうの?』『エンドレスで続けてほしかった』『視聴率が悪くなったからって辞めていい番組と辞めちゃダメな番組がある。アタック25は辞めちゃダメ』『9月終了って悲しすぎる』『特番で復活することがあるって言ってるけど、日曜のお昼に放送し続けて』など、番組終了を惜しむ声があふれています。その一方で『MCの谷原章介が「アタック25」より「めざまし8」を選んだってこと?』と、『アタック25』で現MCを務めている谷原が、今年4月からMCを務め始めた朝の情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)とのかけもちが厳しくなったから『アタック25』が終了するのではないかと勘繰る声まであがっています」(女性誌記者)

 日曜の昼下がりのゆるりとした空気感が漂う放送時間帯と回答者のピリピリした緊張感とのギャップも素晴らしかった「アタック25」。後継番組に期待したい。

関連リンク

  • 6/29 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます