窓を開けてファンに挨拶…和田アキ子が見せた“神対応”に称賛の声

拡大画像を見る

 歌手・和田アキ子による古参ファンや周囲への神対応ぶりを6月23日、「NEWSポストセブン」が伝えた。

 記事では「和田アキ子 50年間も出待ちファンに神対応、インスタはフォロー返し」と題した記事の中で、芸歴53年を誇る71歳のベテランである和田がファンと気さくに接する際の様子について紹介している。

 6月中旬、ファンの1人が「アッコさ~ん!」と声をかけたところ、和田は笑顔で対応。「頭をペコリと下げて、帰りの車に乗り込んでからも窓を少し開けて手を振り続けていた」とし、実際に窓の隙間から愛想よく手を振っている和田の写真も公開した。

 和田の知人によれば、彼女のファン対応はデビュー当時から50年間変わらない、気さくなものだという。また、「芸能界のご意見番」として長く君臨する和田について、誰にも忖度しない姿勢こそが「アッコにおまかせ!」(TBS系)を36年も継続させたとし、今や芸能界で「みんなに一目置かれる存在になった」とも称えている。

 そんな和田の真面目な性格は公式インスタグラムの運用にも現れているという。

 同誌は、ほかの多くのタレントが自分から誰かをフォローすることは少ないとしつつ、和田の場合は共演者や後輩タレントを積極的に“フォロー返し”しているとのこと。実際、和田のアカウントは150人以上の芸能人をフォローしており、同じホリプロに属する後輩や番組共演者、そして全国的な知名度を獲得には至っていない若手のタレントまで、幅広い面々が並んでいる。

 後輩の芸人・出川哲朗やカンニング竹山らは、飲み会で受ける仕打ちを半ばネタのように話すことも多いが、インスタグラムにおける和田は平和そのもの。5月14日の投稿では爆笑問題の太田光、田中裕二と並んだスリーショットを上げ、「毎週日曜日、サンジャポ後に楽屋に来てくれます。その時、太田君はいつも『アコさん、お体お気をつけください』と優しく言ってくれます。なんか、その言葉が私は本当にありがたくて嬉しいです」と涙を流す顔文字も添えながら、爆笑問題との心温まる交流を明かしている。

「酔うと手がつけられない怪物になるといった逸話など、酒の場では数々の武勇伝を誇る和田。その反面、応援し続けてくれるファンにはわざわざ送迎車の窓を開けて笑顔で対応する姿が写真付きで報じられ、ネットには『大御所になっても気さくに接してくれるなんて、長年のファンの方は嬉しいだろうなー』『誤解されやすいけど、優しい方なんでしょうね』『むしろ一貫して気さくに対応される方だからこそ、ファンも長く付いてきたりするんだろうなぁと思います』『やっぱり芸能界で長く活躍される方には理由がありますね』との絶賛が寄せられました」(テレビ誌ライター)

 過去には、1日2箱半も吸っていたタバコについて、医者から歌手を続けられなくなる可能性があることを知らされ、「スパッとやめました。歌うことが重要ですから」と禁煙に成功。ベテランになっても高いプロ意識と謙虚さ、周囲への気遣いを決して忘れない和田は、やはり芸能界の“ゴッド姉ちゃん”に相応しい存在といえるだろう。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 6/29 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます