エンリケ監督、ミスを乗り越え好プレーの守護神を絶賛「あらゆる子どもたちへの教えに」

拡大画像を見る

 スペイン代表を率いるルイス・エンリケ監督は、EURO2020のクロアチア戦の勝利を終えて、GKウナイ・シモンらについてコメントした。28日、UEFAが公式サイトで伝えている。

 28日、スペイン代表はEURO2020決勝トーナメント1回戦でクロアチアと対戦。試合は前半、スペインはペドリが送った弾んだバックパスをU・シモンが処理できず、ボールはそのままゴールへと流れて1点ビハインドに。だがその後、後半にかけて逆転に成功すると、土壇場で一時は追いつかれて延長戦に差し掛かるも、最終的にクロアチアに5-3と競り勝って次のラウンドへとコマを進めた。

 指揮官のL・エンリケ監督は試合後、致命的なミスにより先制点を与えてから、精神的な部分でも見事な立ち直りを見せ、好セーブを連発したU・シモンを称賛。改めて同選手への信頼を強調した。

「ウナイはあらゆる子どもたちへの教えになったんだ」

「フットボールはエラーによって作られている。そして、素晴らしいセーブを見せるというリアクションは、我々が彼にこれだけの信頼を置いている理由を示す実例となったね」

「私は選手としても監督としても本当に強烈な試合を経験してきたが、今日の試合は間違いなくあるゆるものを含んでいたね」

関連リンク

  • 6/29 9:00
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます