「本気になれない」と悩むなら。何事も一生懸命取り組めるようになるおすすめの15個

拡大画像を見る

本気になれない心理を変えよう

「熱意を持てなくてつい手を抜いてしまう」「一生懸命やっている人がうらやましい」など、「本気になれない」ことで悩んでいませんか?穏やかな毎日を過ごすのも悪くありませんが、人生で一度ぐらいは全力で何かを成し遂げたいですよね。

本気になれない心理は、もともとの性格以外にも原因があります。その原因を理解し考え方や行動を変えると、人生をもっと大事に過ごせるでしょう。

今回は本気になれない人が本気になるためのおすすめの考え方や、経験・人生などの行動をご紹介します!

本気になれない人が本気になるため《性格》

本気になれない人が本気になるため《性格》
出典:https://pixabay.com/

本気になれない心理には、生まれ持った性格も関係します。とはいえ、長年持っている大事な個性を変えるのは時間がとてもかかるものです。しかし、「本気になれない」性格を自覚して少しずつポジティブに変えることはできます。

その方法のひとつとして「性格と違う言動やふるまいをする」ことは有効です。本気になれない性格でも、外見は本気のアクションを習慣化することで新しい自分を引き出せます。

では、本気になれない性格を変えるにはどのような行動をするべきなのでしょうか?

自分の過去や現在に自信を持つこと

ありのままの自分を誇らしく思ってください。本気になれない人は自己肯定感が低いです。自己肯定感が高くないと、ちょっとついてないだけで「私は何もできない」とすぐに決めつけてしまいます。

そのような人におすすめなのは「出来事を客観的に振り返る方法」です。気にかかる思い出や言動を紙に書き、「自分の責任だと思い込んでいること」「ポジティブな出来事」がなかったかよく考えましょう。自分を大事にするとだんだん自信を持てるでしょう。

他人に興味を持つこと

周囲の人に関心を持ちましょう。自分自身の心理だけで感情を奮い立たせるのはとても難しく、なかなか本気になれないです。

友人知人のライフステージやスキルを羨ましいと思うことで目標を持ったり、交流することで人生が変わるチャンスを得られたりもします。

他人に興味を持つための具体的な方法は、「会話で相手との共通点を探す」ことがおすすめです。相手の話を聞くクセがつくようになり、会話も盛り上がり交流を深められます。今日から実践できるのもメリットです。

飽きっぽさの改善

本気になれない人の中には飽き性の人もいます。目標や好きなものがすぐにぶれてしまうとなかなか本気になれないですよね。飽きやすい人には「すぐ終わることをいろいろやってみる」方法がおすすめできます。

高い理想を立てるクセのある人は簡単な目標を達成することにより成功体験を積めるでしょう。また、少しでも好きなものを短期間ペースあれこれ経験すると、いつか本気になれるものが見つかるかもしれません。

本気になれない心理は短所を生かして治すのも大事な観点です。

周囲の評価を気にしないこと

他人の常識や考えを外れるのが怖くて本気になれない人もいますよね。周囲の人の心理を考えられるのは長所ですが、あまりに評価の良し悪しを気にしたり、観察されている心地がしたりするのは疲れるでしょう。

そんな性格の人におすすめの方法は「人の目が気にならない場所をつくる」ことがあります。自分の部屋やお風呂、カフェや近所のジムでもよいでしょう。

好きなことをしたりぼーっとリラックスしたり、許される限り好きなように行動すると案外周囲が気にならなくなりますよ。

失敗を恐れないこと

本気になれない人は安定した環境を求めがちです。心理的に安心できる場所では人はなかなか本気になれません。それも大事ではありますが、人生が一新するようなチャンスを逃しがちです。

成功を大事にする性格なら、目標の難しさを少し下げてみるとよいかもしれません。本気になれない人は過去に失敗した経験やプライドの高さから、築いてきた足元が崩れることを必要以上に恐れがちです。

簡単な資格取得や挑戦などで経験を積んだりリカバリー方法を学んだりすると効果があります。

本気になれない人が本気になるため《経験》

本気になれない人が本気になるため《経験》
出典:https://pixabay.com/

本気になれない人は既に安定した人生にいることも多々あります。心理的にも安定した人生を過ごすのも大事でしょう。しかし、本気になれない心理を抱えたままだといくつかデメリットがあります。

まずは、「変化を恐れて大きなチャンスを逃してしまう」こと。そして「本気になれない自分を好きになれないこと」です。本気になれない心理を変えたいのであれば、安定を崩すことをおすすめします。

では、どのような方法で安定を崩したらよいのでしょうか。

やりたかった仕事への転職

思い切って憧れの業界へ足を踏み入れてみましょう。仕事は「本気になれない」心理を改善するにはとても向いているジャンルです。結果を出せばキャリアや金銭的なメリットがある仕事は、頑張りがいがありますよね。

さらに、転職して退路を断つのもおすすめです。生活がかかると自然と本気になれない心理は解消します。また転職するなら好きな業界・業種を選ぶことです。安定を崩す・好きなものは本気になれない心理への特効薬になりますよ。

新しい世界の人と交流

周囲の人に本気になれない心理を引き上げてくれます。同じ環境や立場の人との交流も心地よいものです。しかし、「周りもこうだから良いか」と本気になれないまま月日が経つのはもったいなく感じませんか?

少し友人関係などを広げて、新鮮な価値観の人と接してみるのがおすすめです。特に「なんとなくこうなりたいな」という他人を知ると、具体的な経験談や方法を学べます。道筋が見えると、本気になれない心理も変わるのではないでしょうか?

お金と時間を使って本気で遊ぶこと

人生で一度、パーっと豪華に遊んでみましょう。前から行きたかった観光地やホテルなどで思い切って自分を喜ばせることがおすすめです。本気になれない人は生活が平坦すぎてメリハリがありません。

大きな不満がない代わりに大きな楽しみもない環境を変えるために、自分の「好き」「興味がある」の感性を大事にするのが本気で遊ぶことです。「良い経験だったな」と後で仕事やライフスタイルを頑張れるように、一歩踏み出しましょう!

一人暮らし・新しい土地への移住

居心地が悪くない大事な土地を自分から離れる経験もおすすめです。一人暮らしや自分で選んだ土地で暮らすと、きっと人生を楽しく過ごせます。

ただし、一人で生計を立てるのは生活費や家賃・維持費などの計算をし、さらに仕事との両立などを考える必要があるためとても難しいです。そのような安定しない環境に一度身を置くことで本気になれない心理を解消しましょう。

また、知り合いがいない場所への移住や、田舎と都会に住居を持つ二拠点住宅など最近話題のライフスタイルもよいでしょう。

小さな目標を達成すること

達成しやすい目標に向かって頑張る習慣をつけましょう。「自分には何かできるはず」と考えている人ほど大きすぎる目標を立てて、挫折して「やはり自分は本気になれない」と思い込んでしまいがちです。

1日や数日で叶えられるゴールを作り、達成する習慣をつけてください。目標達成にはそのための方法を考えスケジュールを立案し、何よりすぐ行動しなければいけません。

飽きたり自信をなくしたりする前に、小さな目標を達成してきた心理がきっと自信につながるでしょう。

本気になれない人が本気になるため《人生》

本気になれない人が本気になるため《人生》
出典:https://pixabay.com/

人生は自分の力で切り開くことができます。それでもなかなか、「変わるわけがない」「勇気が出ない」と本気になれないこともあるでしょう。確かに、たった一つ行動しただけでガラリと人生が変わることは多くありません。

そこで、本気になれないマインドを変えるには常にいくつかのポイントを意識することが大事です。性格と違うことをしたり安定した足場をあえて崩してみたりするほかに、明日から大事にするべきおすすめの考え方をご紹介します。

逃げ道を断つこと

本気になるためには、なるべく「出来るか分からない」ルートを選ぶのがおすすめです。とはいえ、応援してくれる人がいない、誰もが反対するいばらの道を望まず選ぶべきではありません。

逃げられないようにするとは「怠ける・手を抜くルートをふさぐ」ことです。目標に締め切りを決める・試験がある資格勉強を頑張るなど、始めやすいものから少しずつ挑戦しましょう。自分を大事にしながら本気になる方法は案外たくさんあるものです。

人生の当事者になること

自分の意志や感性を大事にしましょう。本気になれない人は他人の言動がやたら気になって、意見を言えない・やりたいことをやれないことも多いです。しかし、周囲の常識は案外狭いものできちんとした理由もなく賛同・批判する人も多くいます。

「自分が何をしたいか」「自分はどう思うか」の心理を第一に優先してください。自分の進む道の舵を自ら握ることを最初は不安に感じるかもしれませんが、意識することで慣れてだんだん自信もついてくるでしょう。

好きな人・ことの発見

憧れや、情熱を掻き立てられる恋のような感情を持つと、本気になれない心理が改善するでしょう。何かを好きだと思うことを冷めた目で見てしまうことはありませんか?もちろん、そのような感情を持ったことがない自分も卑下せず大事にするべきです。

しかし、今までとは明らかに感覚が違うような大事にするべき人やことが見つかると、底知れないエネルギーが湧いてきます。周囲に積極的に関心を持つと、案外近くにあるものですよ。

挫折の傷を治療・その方法を学ぶこと

失敗が怖いのであれば綿密な準備をする習慣をつけましょう。恐れずチャレンジすることは良いことですが、失敗したときのリスク考えないのは勇敢ではなくただの無謀です。

また、過去に傷ついた経験をうまく活かせず、本気になれないこともありますよね。経験を客観的に振り返ってみて、「自分はその時のベストを尽くしていた」と受け止めてあげることがおすすめです。

また、失敗した時の代替案をチャレンジ前に考えてみるのも心理的な支えになりますよ。

大きな目標を示すこと

小さな目標を立てるのに慣れたら、人生の中で成し遂げたい大きな目標を立てましょう。小さな目標を達成するには成功体験を積んだり、スケジュール立てや実践を習慣づけたりするのが有効な方法です。

しかし、人生が大まかな方向性がないとブレてしまい、何がしたいのか分からなくなってしまいます。そこで、「○○年までに持ち家を手に入れる」「○○歳までに結婚する」など長期目標を掲げるのです。

そのために何をするべきかなどの具体性が前よりはっきりします。

本気になれない心理を変えようまとめ

今回は、何事にも本気になれない心理を変えるための考え方やおすすめの方法をご紹介しました。本気になれない原因としては「他人や周囲に興味がない」「好きなもの・目標がない」「失敗が怖い」などです。

その心理を変えるためには「知ろうとする」「照準を絞る」「失敗のリカバリー方法を学ぶ」方法が主に挙げられます。誰ひとりとして同じ人生を歩まないのと同じく、本気になれない理由も多種多様です。

自分の考え方・経験を深く掘り下げて、おすすめの方法で新しい世界に飛び込んでくださいね!

関連リンク

  • 6/28 23:00
  • folk

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます