どこか無理してママ友付き合いしている自分…【消えたママ友 Vol.14】


この漫画は書籍『消えたママ友』(野原 広子)の内容から一部を掲載しています(全15話)。

■前回のあらすじ
夫の家業を手伝うヨリコは、密かに自分の人生がこのまま終わっていく焦りを抱いていました。だからキラキラしていた有紀が羨ましくて…







子どもを置いて行った有紀ちゃん。今、何を考えているのでしょう…。


次回に続く
「消えたママ友」(全15話) 連載は6時更新!



『消えたママ友』(https://www.kadokawa.co.jp/product/321909000770/)
野原 広子(KADOKAWA) \1,210(税込)

(https://www.kadokawa.co.jp/product/321909000770/)


手塚治虫文化賞短編賞受賞!「離婚してもいいですか」「ママ友がこわい」の野原広子さんが描く話題作を無料で試し読み!
仲よしだったのに何も知らない…。優しい旦那さんと協力的なお姑さん、息子のツバサ君に囲まれてうらやましいほど幸せそうだった有紀ちゃん。そんな有紀ちゃんがある日突然姿を消した。ママ友の失踪をきっかけに、仲良しママの輪のバランスが崩れていって…。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/29 6:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます